記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全241件中)

5.最近の話題 2)IL-1阻害薬による治療

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.1, 57-62, 2019

痛風関節炎症例のなかには,非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やコルヒチンなどの治療薬使用にもかかわらず,痛風発作を繰り返す症例...

代謝と炎症

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 58-61, 2019

免疫と代謝は身体の恒常性を司る維持機構であるが,両者は密接に連携している。一方,最近の研究から,肥満や糖尿病などの代謝異常が...

Ⅱ.全身代謝とイムノメタボリズム

1.メタボリックシンドロームとイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 42-47, 2019

メタボリックシンドロームでは血中の炎症指標や炎症性サイトカインが増加しており,脂肪組織の慢性炎症が病態形成に深く関連する.肥...

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

4.低酸素シグナルとイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 35-41, 2019

われわれの各臓器,細胞はさまざまな酸素濃度環境で機能している.これまでの研究から組織における酸素濃度が炎症細胞・マクロファー...

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

2.細胞内アミノ酸センサーとイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 22-27, 2019

適切な免疫応答には細胞内代謝の適応が必須であることが近年明らかにされ,免疫代謝―Immunometabolism―という分野が確立されつつある...

特集にあたって

The Lipid Vol.30 No.2, 14, 2019

近年,メタボリックシンドロームや種々の生活習慣病を解くキーワードとして,“慢性炎症”が注目されている.2003年,肥満の進展ととも...

子宮頸部の生理

(3)子宮頸部の妊娠変化―正期産における子宮頸管熟化の機序(炎症誘発早産での熟化との差)―

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.1, 21-26, 2019

子宮頸部は血管,線維芽細胞,単球マクロファージなどの間質細胞,平滑筋細胞など多様な細胞とそれら細胞間に存在する細胞外マトリク...

消化器生活習慣病における酸化ステロールの意義

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 36-42, 2019

酸化ステロールはコレステロールの酸化物であり,付加した酸素の位置によって多くの種類が存在する。酸化ステロールにはコレステロー...