記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全397件中)

新着Ⅲ 間質性肺疾患研究の最前線 バイオマーカー研究

Pharma Medica Vol.38 No.3, 47-51, 2020

バイオマーカーとは,「通常の生物学的過程,病理学的過程,もしくは治療的介入に対する薬理学的応答の指標として,客観的に測定され...

1 AGEsと骨粗鬆症

WHITE Vol.7 No.2, 11-15, 2019

男女を問わず加齢に伴う性ホルモンの欠乏は,破骨細胞を活性化するのと同時に,酸化ストレスの増大による骨基質コラーゲンの劣化を招...

臨床 前立腺癌の予後予測因子

ESPOIR Vol.2 No.2, 23-29, 2019

昨今,前立腺癌の治療が複雑化している。また,最新のゲノム解析技術を用いた遺伝子パネル検査も保険収載され,今後ますます前立腺癌...

潰瘍性大腸炎に関連した腫瘍のdetection rateをあげる遺伝子検査

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 39-46, 2019

潰瘍性大腸炎,クローン病などの炎症性腸疾患は,内科的治療法の劇的な進歩により寛解導入が得られ,外科的治療の適応が減少している...

大腸癌薬物療法関連バイオマーカー研究の進歩と臨床応用

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 10-18, 2019

次世代シーケンサー(NGS)による網羅的な遺伝子解析が,がんの成因や病態に関する知識を飛躍的に増加させ,それと相まって標的分子...

鼻閉に対するアレルギー性鼻炎治療戦略

~患者ニーズに即した薬剤選択のあり方~

鼻アレルギーフロンティア Vol.19 No.2, 46-50, 2019

竹野 鼻アレルギーの3主徴とされるくしゃみ,水様性鼻漏(以下,鼻漏),鼻閉はいずれも鼻の生理機能の変調現象であり,くし...

胃癌に対するゲノム医療の展開

胃がんperspective Vol.10 No.4, 7-16, 2019

腫瘍ゲノムを調べて治療介入の方針を決定する医療を一般的に「がんゲノム医療」という。分子生物学・創薬事業の発展によりがんに対す...

原発性アルドステロン症副腎における,アルドステロン産生細胞の探索─質量分析によるステロイドホルモン・イメージング─

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 20-24, 2019

最近我々は,ラットやヒトの副腎組織において高血圧症の原因となるステロイドホルモンであるアルドステロンの局在を,「高感度イメー...

分子機序に基づく肝癌の治療

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 13-20, 2019

肝癌は生物学的にheterogeneityがあり,従来のような病理学的な分化度や切除標本における肉眼形態による分類だけでなく,分子生物学...