記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全21件中)

多元計算解剖学とロボット手術

Pharma Medica Vol.39 No.4, 49-54, 2021

計算解剖学は,主に人体の医用画像の客観的な理解を深めるために,正常成人の臓器構造を統計的に記述した「計算解剖モデル」を構築し...

人工知能を用いた手術ナビゲーションの開発

Pharma Medica Vol.39 No.4, 31-34, 2021

外科医として術場に立つとき,誰しもが初執刀を経験し,第一助手である先輩の指導を受けながら成長を重ねる。受け継いだ経験・技術を...

愛媛大学医学部附属病院 第三内科における肝細胞がん治療の取り組み

3D Sim-Navigator下でバイポーラ電極を駆使し,TACE先行No-touch RFAにより肝細胞がんの予後改善をめざす

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.2, 40-47, 2019

愛媛大学医学部附属病院 第三内科は昭和51年の開院以来,消化器,内分泌,糖尿病および代謝性疾患を診療の主軸として,幅広い臨床お...

子宮体がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 57-61, 2019

子宮体がんの初回治療は手術療法であり,手術で摘出困難なⅣ期症例を除いては原則手術療法が施行される。手術術式は,子宮摘出術式と...

肝癌手術ナビゲーションの進歩

The Liver Cancer Journal Vol.10 No.2, 38-46, 2018

肝臓外科手術は,管腔臓器に比べ脈管・胆管系の局所解剖は実質に覆われており複雑でバリエーションに富んでいるため,1つの誤認が致...

次世代の早期胃癌内視鏡治療はどう進むのか?

胃がんperspective Vol.8 No.2, 5-13, 2015

早期胃癌が内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の保険適応となってからすでに10年近く経過した今,がん拠点病院では早期胃癌治療の半数近...

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部消化器・移植外科学の肝細胞癌に対する取り組み 術前3Dシミュレーションや術中ナビゲーションシステム,ソラフェニブを用いたConversion hepatectomyなどにより肝細胞癌の根治・長期生存を目指す

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.3, 40-48, 2014

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部消化器・移植外科学は, 「拡大切除・機能喪失から低侵襲・再生外科へ」をスローガンに, ...

ナビゲーション,穿刺トラッキングの進歩

The Liver Cancer Journal Vol.6 No.1, 42-47, 2014

「Summary」 肝細胞癌(以下, 肝癌)に対するラジオ波焼灼療法(RFA)は有用で確実な局所療法として広く普及している. しかし, B-mode超...