記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全37件中)

パーキンソン病

Pharma Medica Vol.39 No.3, 9-14, 2021

パーキンソン病は寡動,振戦,筋強剛といった運動症状が前景となる神経変性疾患である。頻度はアルツハイマー病に次いで多いとされて...

基礎医学とのダイアローグ

2.ニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)と作用薬

THE LUNG perspectives Vol.27 No.1, 62-66, 2019

ニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)は5つのサブユニットタンパクから構成されるイオンチャネル内蔵型受容体であり,...

デバイス補助療法

―脳深部刺激術,デュオドーパ―

Pharma Medica Vol.37 No.4, 59-63, 2019

パーキンソン病(Parkinson's disease;PD)に対する治療薬は1972年にレボドパ製剤が発売されて以降,現在までにドパミン系,非ドパミ...

パーキンソン病に対する細胞移植治療

Pharma Medica Vol.37 No.4, 53-57, 2019

2018年にわが国においてヒト人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell;iPS細胞)を用いたパーキンソン病(Parkinson's disease...

非運動症状への対応

Pharma Medica Vol.37 No.4, 35-39, 2019

パーキンソン病(Parkinson's disease;PD)の主な運動症状は,無動,振戦,固縮および姿勢反射障害がある1)。また,PDのも...

パーキンソン病の成因研究

Pharma Medica Vol.37 No.4, 9-13, 2019

パーキンソン病(Parkinson's disease;PD)は65歳以上人口の1%が罹患する頻度の高い神経変性疾患である。PDを特徴付ける運動症状は...

【臨床部門】iPS細胞を用いたパーキンソン病治療

再生医療 Vol.17 No.4, 83-89, 2018

ヒトiPS細胞が報告されてから10年が過ぎ,2014年の加齢黄斑変性に続き,2018年は重症虚血性心筋症,パーキンソン病,再生不良性貧血...

「死の谷」を超える

再生医療 Vol.17 No.4, 1, 2018

治療法の開発において基礎研究の成果を社会に還元するにはいわゆる「死の谷」を超える必要がある。動物実験で成果が得られたとしても...

パーキンソン病のバイオマーカーへの期待

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 5-17, 2018

症状が現れる前に診断が可能になれば,発症抑制のための対策をとれるようになるかもしれない。パーキンソン病(PD)の運動症状が現れ...

パーキンソン病治療の歴史を振り返る

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.1, 5-12, 2018

現代医学におけるパーキンソン病 (PD) 研究は,200年前にJames Parkinsonが発表した論文から始まった。現在に至るまでの間に,ドパミ...