記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

最新の診断法 ②DATスキャン

Pharma Medica Vol.37 No.4, 23-29, 2019

黒質線条体系の神経変性を伴うパーキンソン症候群には,パーキンソン病(Parkinson's disease;PD),多系統萎縮症(multisystem atroph...

SWEDDs(Scans Without Evidence of Dopaminergic Deficit)

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 28-31, 2016

「はじめに」2014年1月にわが国でドパミントランスポーターSPECT(DAT SPECT)が保険適応になり,SWEDDsと診断される患者がみられる...

本態性振戦がパーキンソン病に変貌を遂げるとき

Frontiers in Parkinson Disease Vol.8 No.4, 30-34, 2015

「はじめに」本態性振戦(essential tremor:ET)とパーキンソン病(PD)は運動異常症のなかで最も頻度の高い2つの,本来互いに区別...

ADHDの病態生理学

Pharma Medica Vol.28 No.11, 17-19, 2010

「はじめに」注意欠如・多動性障害(ADHD)は, 7歳以前より認められる不注意, 多動性-衝動性という行動上の特性によって診断される障害...

PET・SPECT検査

Frontiers in Parkinson Disease Vol.1 No.2, 32-35, 2008

「概論」パーキンソン病(PD)では, 黒質線条体ドパミンニューロンの変性と脱落が中核の病理である. PDでは線条体ドパミン濃度が健常対...