記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全57件中)

新着2 胃がん

1)化学療法

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 27-31, 2020

切除不能進行胃がんに対して行われる主たる治療は化学療法と緩和医療である。この20年に多くの抗がん剤が開発され,加速度的に新しい...

IBDのバイオマーカー最前線

Pharma Medica Vol.38 No.12, 61-64, 2020

炎症性腸疾患の診療は生物学的製剤の導入とともに大きく変化し,長期予後の改善に治療目標が置かれるようになってきている。そのため...

胃幽門輪に存在する早期胃癌に対するESDのコツと注意点

胃がんperspective Vol.11 No.1, 42-47, 2020

幽門輪近傍もしくは幽門輪を越えて十二指腸に伸展しているような病変は,ワーキングスペースが狭いこと,肛門側のアプローチが難しい...

PEGテクノロジーについて教えてください

Frontiers in Haemophilia Vol.6 No.2, 25-26, 2019

PEGの正式名称はPoly(ethylene glycol)(ポリエチレングリコール)で,図1の化学構造を有する合成高分子である.PEGは水溶性および...

大腸ESDにおける牽引法の実際と有用性(S-O clip)

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 70-74, 2019

ESDは大きさや形態にかかわらず一括切除が可能な優れた手技であり,大腸においても広く施行されるようになってきたが,依然として難...

1.Treat to Targetの基本的な考え方

THE BONE Vol.32 No.3, 19-22, 2019

米国骨代謝学会ならびに米国骨粗鬆症財団を中心に,骨粗鬆症についても目標達成に向けた治療ストラテジー(Treat to Target)が検討...

特集にあたって

THE BONE Vol.32 No.3, 17-18, 2019

今回,「Treat to Targetと最新の骨粗鬆症診断・治療」というテーマで特集を組ませていただきました.種々の疾患において治療目標達...

OlympiAD試験

CANCER BOARD of the BREAST Vol.4 No.2, 60-61, 2018

OlympiAD試験は,わが国の患者さんの協力も得て参加した国際共同第Ⅲ相試験である。アンスラサイクリン系およびタキサン系の治療歴を...