記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全219件中)

Keith Blackwell

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 10-19, 2020

Keith Blackwell先生は,エイジング研究の大家である。ボストン・ハーバードメディカルスクールの遺伝子学の教授で,mTORシグナル伝...

BRAF遺伝子変異について教えてください。

大腸がんperspective Vol.4 No.3, 76-79, 2019

BRAFはARAF,CRAF(RAF-1)とともにRAFファミリーを構成し,766個のアミノ酸からなる約74kDaのセリン/スレオニンキナーゼ(タンパク...

Neddylation pathwayを標的としたがん治療の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 64-67, 2019

ユビキチン化などの翻訳後修飾は,真核生物における巧妙な細胞機能の制御システムである。本稿では,ユビキチン(UB)と最も相同性の...

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

3.小胞体ストレスとイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 28-34, 2019

生理的・病理学的な細胞環境変化は,小胞体で合成される蛋白質の折り畳みを障害することがあり,これを小胞体ストレスとよんでいる....

胆汁酸代謝調節によるメタボリックシンドロームの予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.2, 49-55, 2019

肝臓でコレステロールから合成される胆汁酸は,単に脂質の消化吸収を促進するだけでなく,生体内シグナル伝達分子として全身の代謝を...

JAK阻害薬と円形脱毛症

皮膚アレルギーフロンティア Vol.16 No.3, 44-45, 2018

近年の研究により,円形脱毛症の病態に,細胞傷害性T細胞の活性化とJAK-STATシグナル伝達経路が関与していることが明らかになってき...

悪性リンパ腫に対するCAR-T療法

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 88-90, 2018

CD19は,主にB細胞に発現する膜貫通型蛋白質で,正常B細胞に加え,多発性骨髄腫を除くB細胞性非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin lymph...