記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全441件中)

新着NAFLD/NASHの食事

Pharma Medica Vol.37 No.9, 76-79, 2019

NAFLDは肥満、耐糖能異常、脂質異常症、高血圧など生活習慣病の合併率が高く、それらの増悪の要因となっています。男性ではBMI (body...

Ⅲ.大規模臨床試験

1.EMPATHY研究

The Lipid Vol.30 No.3, 47-53, 2019

EMPATHY研究は,高LDLコレステロール(LDL-C)血症と網膜症を合併した一次予防の2型糖尿病症例を対象にして,スタチン単剤による厳格...

Ⅱ.患者コホート研究

2.糖尿病リスクエンジンの開発と費用効果分析への応用―Japan Diabetes Complications Study(JDCS)―

The Lipid Vol.30 No.3, 33-41, 2019

医療の質の向上,財政維持,医薬品・医療機器開発は,経済学的な意味でしばしば対立する課題であり,その解決策の1つとして費用対効...

Ⅰ.一般住民コホート研究

2.Japan Public Health Center-based Prospective Study(JPHC Study)

The Lipid Vol.30 No.3, 19-25, 2019

多目的コホート研究(JPHC Study)は,1990年に開始した10都府県11保健所管内の40~69歳の地域住民14万人を対象人口とした前向き追跡...

冠動脈疾患,今世紀と共に去りぬ

The Lipid Vol.30 No.3, 1, 2019

先進国における成人の死因の原因の25%は動脈硬化性のプラークが原因で血管が閉塞する冠動脈疾患である.100年も前から臨床的に知ら...

Ⅰ.細胞内代謝とイムノメタボリズム

1.細胞内脂質代謝とイムノメタボリズム

The Lipid Vol.30 No.2, 15-21, 2019

近年,細胞応答制御と栄養代謝制御が表裏一体の関係にあることが明らかにされ,そのクロストークの分子機構や慢性炎症における意義が...

動脈硬化病変の病理と発症仮説

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.4, 7-12, 2019

がんは遺伝子の病気であり,動脈硬化は血管壁に生じる慢性炎症であるという理解に落ち着きつつあるように思われるが,腫瘍にしても粥...