記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 6件目 (全6件中)

2.サルコペニアの概念と診断基準

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 7-12, 2017

サルコペニアとは加齢(原発性)および活動量の低下,悪性腫瘍,臓器不全などの疾病,低栄養(二次性)などの原因により骨格筋量の減...

疾患に関するサルコペニア(2次性サルコペニア) 1)癌において

The relationship between sarcopenia and cancer

栄養-評価と治療 Vol.31 No.4, 32-34, 2014

「SUMMARY」サルコペニアとは骨格筋量の減少を呈する症候群である。近年,数多くの癌腫においてサルコペニアが単独の予後不良因子で...

生命予後規定因子としてのサルコペニア

Sarcopenia for prognostic factor

栄養-評価と治療 Vol.31 No.4, 25-28, 2014

「SUMMARY」加齢とともにサルコペニアの有病率は増加し,サルコペニアを有すると生存率は有意に低下する。高齢者におけるサルコペニ...

特集にあたって

栄養-評価と治療 Vol.31 No.4, 12-13, 2014

サルコペニア(sarcopenia)は1989年に米国のRosenbergが提唱した概念で,サルコ=筋肉+ペニア=減少を示す造語で骨格筋減少症を意...

Ⅱ.性ステロイドと骨代謝 10.骨・筋を標的とした選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)の開発現況

Recent advances in the development of selective androgen receptor modulators targeting bone and muscle tissue

THE BONE Vol.28 No.4, 97-102, 2014

近年,骨や筋肉には有益なアンドロゲンのアナボリックな作用を保持したまま,アンドロゲンの好ましくない作用である前立腺刺激作用は...

第72回代謝制御因子のアップデート グレリン

Surgery Frontier Vol.19 No.1, 60-62, 2012

「はじめに」グレリンは, 児島, 寒川らによって1999年ヒトの胃から発見されたペプチドで, 当初は成長ホルモン(GH)分泌を強力に刺激す...