記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全72件中)

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と炎症性腸疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 17-22, 2020

腸管は人体最大の免疫臓器であると同時に,食物の消化・吸収の場であり,無数の常在細菌,病原性細菌や食餌性抗原に常に曝されている...

Ⅰ 糖尿病性腎臓病Basic 2020 ~Bridging to Clinical Research~

オートファジーからDKDを制御する

Pharma Medica Vol.38 No.9, 19-23, 2020

糖尿病性腎臓病(diabetic kidney diseases:DKD)の克服はわが国の喫緊の医療課題の1つである。近年,肥満患者の増加,高齢化を背景...

CKDの病態形成とオートファジー

Pharma Medica Vol.38 No.5, 33-35, 2020

真核生物は「自己の細胞質構成成分を隔離し,リソソームの酸性コンパートメント内で分解するシステム」として,オートファジー・リソソ...

パーキンソン病はリソソーム異常が原因である

「Yes」の立場から/「No」の立場から

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 20-27, 2018

パーキンソン病(PD)の病態にリソソームや,それに関連してオートファジーがかかわっているというエビデンスは豊富であり,リソソー...

4.サルコペニア発症の分子機構

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 19-22, 2017

サルコペニアの分野において,日本では欧米よりも10年以上研究が遅れている。サルコペニアは急性に起こる筋萎縮ではなくて,緩やかに...

オートファジーの制御機構について

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究...

第3回 オートファジー/マイトファジーと膵β細胞不全

Diabetes Frontier Vol.28 No.3, 333-337, 2017

オートファジーは蛋白質分解経路の1つであり,主に飢餓時にはアミノ酸分解産物などの産生を行うことで内因性にエネルギー産生を行い...

オートファジーと神経変性疾患

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.3, 5-11, 2017

われわれの身体のなかで,細胞は毎日少しずつ入れ替わっているという話を耳にしたことはないだろうか。2016年にノーベル生理学・医学...

加齢関連肺疾患における細胞老化とオートファジー

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 49-56, 2017

オートファジーは,ユビキチン・プロテアソーム機構とともに,細胞内自己成分の分解処理機構である。リン脂質の二重膜様構造からなる...