記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全23件中)

2. 脂質異常と血管不全

The Lipid Vol.29 No.4, 24-29, 2018

高LDL-C血症は心血管疾患(CVD)の最重要かつ修復可能な危険因子であり,HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)によるLDL-C低下はCVDを...

9.薬物の併用療法・副作用・アドヒアランス

The Lipid Vol.29 No.1, 76-81, 2018

本来その薬剤が適応となるタイプの脂質異常症の患者に対してスタチンと併用投与することで,動脈硬化性疾患抑制の何らかのエビデンス...

小腸におけるコレステロール吸収と動脈硬化

Pharma Medica Vol.36 No.10, 57-60, 2018

動脈硬化性疾患の危険因子である高LDLコレステロール(LDL-C)血症に対し,HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)による治療が行われ,大き...

PCSK9阻害薬によるLDLコレステロール管理の位置づけ

Pharma Medica Vol.36 No.10, 9-13, 2018

スタチンによるLDLコレステロール(LDL-C)低下療法は,心血管イベント(cardiovascular disease;CVD)抑制効果・総死亡抑制効果につい...

LDL治療の新展開とHDLのパラダイムシフト

The Lipid Vol.28 No.1, 1, 2017

数々の疫学調査においてLDLが心血管疾患(CVD)の正の危険因子,HDLが負の危険因子であることが示されてきた.遠藤章博士によって発...