記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全28件中)

遺伝子治療の国内外の現状

再生医療 Vol.18 No.3, 51-61, 2019

近年のめざましい遺伝子改変技術の進歩により,遺伝子治療は先天性疾患に限らず,一部のがんを含む後天的な疾患など,様々な病気の治...

遺伝子治療の現状と展望

Pharma Medica Vol.37 No.5, 35-40, 2019

血友病は単一遺伝子変異由来の疾患で,わずかな凝固因子の発現上昇により劇的な生活の質(quality of life;QOL)の改善が可能であり

遺伝子治療

Pharma Medica Vol.37 No.4, 49-52, 2019

遺伝子導入用ベクターの技術革新が進み遺伝子治療に期待が高まっている1)。体外法では,レトロウイルスベクターの改良と...

悪性リンパ腫に対するCAR-T療法

がん分子標的治療 Vol.16 No.3, 88-90, 2018

CD19は,主にB細胞に発現する膜貫通型蛋白質で,正常B細胞に加え,多発性骨髄腫を除くB細胞性非ホジキンリンパ腫(non-Hodgkin lymph...

CAR-T細胞療法の副作用と対策

Pharma Medica Vol.36 No.11, 51-56, 2018

2017年米国食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)が難治・再発急性リンパ芽球性白血病(acute lymphoblastic leukemia;AL...

2 ウイルス療法

第2回 がん治療に用いられるウイルス

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.1 No.2, 43-45, 2017

1990年に初めてヒトに応用された遺伝子治療において,ウイルスは遺伝子導入のためのベクターとして用いられた.宿主細胞で恒常的に遺...

パーキンソン病における遺伝子治療の有効性

「Yes」の立場から

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 14-16, 2016

神経細胞に効率よく遺伝子を導入し長期に発現させるウイルスベクターを使用して,パーキンソン病(PD)に対する遺伝子治療の臨床研究...