記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全436件中)

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌とNASH/肝臓がん

Pharma Medica Vol.38 No.12, 9-12, 2020

世界的なメタボリックシンドローム人口の増加に伴い,非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)および...

7.高齢者における骨格筋の量および質の変化と疾患リスク

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 39-44, 2020

近年,わが国では超高齢化社会となり,代謝血管疾患に対する加療のパラダイムシフトが起きつつある。例えば,メタボリックシンドロー...

4.サルコペニア肥満の臨床

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 22-27, 2020

生体でのアディポカインを中心とした脂肪細胞とマイオカインを中心とした骨格筋の作用が明らかになってきた。このアディポカイン,マ...

3.日本人と欧米人のサルコペニア肥満の相違

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 16-21, 2020

インスリンには主に同化を促進する代謝作用が知られるが,骨格筋量については正に制御する方向に作用する。肥満や加齢はインスリン抵...

ハイリスク妊娠と高齢妊娠

③妊娠糖尿病

Pharma Medica Vol.38 No.6, 21-27, 2020

加齢に伴い糖代謝は劣化する。したがって高齢妊娠は糖代謝異常合併妊娠のハイリスク因子である。2016年の内閣府「平成30年版 少子化...

Ⅰ. 基 礎 3.終末糖化産物と心血管代謝病

The Lipid Vol.31 No.2, 29-35, 2020

アテローム性動脈硬化症の危険因子として,喫煙,高血圧,脂質異常症,糖尿病などが知られており,なかでも糖尿病は冠動脈疾患,脳血...