記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

961 - 970件目 (全977件中)

レプチンと神経性食欲不振症

Pharma Medica Vol.24 No.3, 29-33, 2006

「はじめに」レプチンは脂肪組織由来のホルモンで, 視床下部に作用し強力な摂食抑制とエネルギー代謝亢進をもたらす. さらにレプチン...

神経ヒスタミンと摂食障害

Pharma Medica Vol.24 No.3, 15-22, 2006

「はじめに」肥満遺伝子産物であるレプチンの発見以来, 食行動やエネルギー代謝を調節する新たな物質の発見が相次ぎ, 視床下部におい...

脂肪組織由来幹細胞のマクロファージ様挙動

再生医療 Vol.5 No.4, 41-45, 2006

「はじめに」再生医療に必須のアイテムである幹細胞を, 簡便, 安全かつ大量に獲得することは, 組織再生の普遍的課題であり, 多様な単...

糖尿病における下肢閉塞性動脈硬化症に対する外科的アプローチ

(第34回日本血管外科学会学術総会ランチョンセミナー記録集)

Angiology Frontier Vol.5 No.4, 84-88, 2006

座長:旭川医科大学名誉教授/医療法人元生会森山病院院長 久保良彦「はじめに」日本における糖尿病患者は増加を続けている. ...

形成外科からみた重症虚血肢〈Ⅱ〉

―その外科治療について―

Angiology Frontier Vol.5 No.1, 1-5, 2006

近年の糖尿病合併患者の増加は著しく, この30~40年間に30倍程度の増加があるとされる. 糖尿病の慢性合併症は大血管障害と細小血管症...

メタボリックシンドロームの治療と効果 降圧療法

The Lipid Vol.17 No.5, 48-54, 2006

メタボリックシンドロームの病態には, インスリン抵抗性とその上流にあってインスリン抵抗性を規定する腹部肥満が密接に関与する. そ...

メタボリックシンドロームの治療と効果 肥満

―内臓脂肪解消―

The Lipid Vol.17 No.5, 34-39, 2006

メタボリックシンドロームは過食や運動不足により引き起こされ, 日常臨床では内臓脂肪の蓄積が密接に関連する. 脂肪細胞は蓄積する部...

遺伝子操作実験動物-1 ヒスタミンH1受容体欠損マウス

―成熟後過食肥満マウス―

The Lipid Vol.17 No.4, 4-8, 2006

レプチンと神経ヒスタミン 肥満遺伝子(ob遺伝子)産物であるレプチンは, 摂食抑制作用と体重増加抑制作用を有することが証明され, エ...

過栄養性脂肪肝

The Lipid Vol.17 No.2, 50-53, 2006

内臓性肥満と関連して脂肪肝が注目されている. しかし, 脂肪性肝炎やアルコール性脂肪肝と比べると, 過栄養性脂肪肝自体の臨床的な意...

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の臨床

The Lipid Vol.17 No.2, 39-43, 2006

NASH(非アルコール性脂肪肝炎, nonalcoholic steatohepatitis)はLudwigらにより1980年に提唱された新しい症候群で, ウイルス性肝疾患...