記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

6341 - 6350件目 (全6376件中)

インフルエンザの高熱せん妄について

インフルエンザ Vol.7 No.1, 37-40, 2006

高齢者のインフルエンザにおいては, 高熱せん妄が合併することがある. これはインフルエンザに特異的なものではなく, 肺炎など急性熱...

Spring Waveの歴史

インフルエンザ Vol.7 No.1, 27-35, 2006

1918年のインフルエンザ, パンデミックでは, 秋口に始まった非常に致死率の高かった流行に先駆け, その春おもにヨーロッパを舞台とし...

第19回日本老年泌尿器科学会

2006年6月9日(金)~10日(土)於:都市センターホテル(東京都)

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 85-87, 2006

「老人泌尿器科研究会」から名称変更されたこの学会は, 毎年5~6月に開催されコメディカルの演題が約半数を占めるという特徴がある. ...

(薬物療法 過活動膀胱)トルテロジン

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 79-84, 2006

過活動膀胱は尿意切迫感を主症状とした症状症候群であり, 2002年の国際禁制学会(ICS)で定義が変更され, 症状によって診断可能となっ...

第9回 前立腺癌に対する診療ガイドライン

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 65-71, 2006

【はじめに】前立腺癌診療ガイドラインは多くの方々の献身的なご協力のもとに2006年5月22日に発刊された. 総ページ数233頁にわたるも...

尿路外傷の画像診断

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 59-63, 2006

本稿は画像診断と関わりの深く, 頻度の多い腎損傷, 膀胱損傷について書かせていただく. 【腎損傷】腎損傷は腹部外傷全体の8~10%を占...

ウロギネコロジー分野におけるQOL評価

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 52-58, 2006

ウロギネコロジー領域においては, 女性における尿失禁, 性器脱, 便失禁, 性機能障害などが主な対象疾患となるが, いずれもQOLを損な...

骨盤底弛緩と骨盤底トレーニング(PFMT)

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 45-50, 2006

骨盤底トレーニング(PFMT)は骨盤底弛緩や性器脱の予防, 防止に有用で, 主に経産女性一般における骨盤底弛緩の発生予防や骨盤底弛緩の...

プライマリケアに必要な過活動膀胱診療の実際

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 39-44, 2006

2002年の新しい定義では過活動膀胱症候群(OAB)は尿意切迫感を必須とし, 通常, 頻尿, 夜間頻尿を伴うが, 尿失禁は必須ではない症状症...

間質性膀胱炎の診断と治療

排尿障害プラクティス Vol.14 No.3, 31-38, 2006

近年わが国でも間質性膀胱炎に対する認識が高まっている. 診断に関してはまず症状と病歴から間質性膀胱炎を疑い, 麻酔下膀胱水圧拡張...