記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

51 - 60件目 (全60件中)

全文記事

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

栄養-評価と治療 Vol.25 No.4, 69-71, 2008

「POINT」 ウイルス性肝疾患が徐々に減少を続けるなか, アルコール消費量の増加と肥満に伴う脂肪性肝障害は確実に増加し, 1980年代初...

全文記事

鉄制限食/除鉄療法

栄養-評価と治療 Vol.25 No.3, 64-67, 2008

POINT (1)ヘム鉄の吸収率は高いので, ヘム鉄を多く含む赤身の肉と魚の摂取を控える. (2)内臓に多くの鉄分を有する小魚や小さい貝類の...

全文記事

Sarcopenia(筋肉減少症)

栄養-評価と治療 Vol.25 No.2, 65-68, 2008

「POINT」加齢に伴う筋肉量の減少と筋力の低下はsarcopeniaと呼ばれ, 高齢者の転倒や骨折, 寝たきりなどの自立障害を引き起こす大き...

全文記事

トランス脂肪酸―代替油が問題

栄養-評価と治療 Vol.25 No.1, 63-66, 2008

半世紀前から安全性が問われていたトランス脂肪酸の問題が, 最近, 急にクローズアップされてきた. これには, 代替油の供給体制が整っ...

全文記事

核内受容体スーパーファミリー

栄養-評価と治療 Vol.24 No.6, 68-72, 2007

核内受容体は低分子脂溶性シグナル因子をリガンドとする転写制御因子で, その構造上の特徴から遺伝子スーパーファミリーを形成してい...

全文記事

HMGB-1

栄養-評価と治療 Vol.24 No.5, 69-72, 2007

[POINT] HMGB-1は他の炎症性メディエーターとは異なり,侵襲後数時間から数日にわたり高値を示す晩期致死的メディエーターとして知ら...

全文記事

グレリン(成長ホルモン分泌促進因子)

栄養-評価と治療 Vol.24 No.4, 69-72, 2007

[POINT] グレリンは,1999年に児島,寒川らによって発見された成長ホルモン(GH)分泌促進作用を有する生体内ペプチドである.その後の研...

全文記事

SNPs

栄養-評価と治療 Vol.24 No.3, 76-79, 2007

[POINT] 約30億塩基からなる遺伝子の暗号は, 個人間で比較するとかなりの部位で異なっている. 4~5万ほど存在する遺伝子には「いつ, ...

全文記事

NF-κB

栄養-評価と治療 Vol.24 No.2, 59-61, 2007

NFκBは細胞内シグナル伝達経路の最終ステップにおいて,炎症反応や細胞活性の調整を担い,生体のホメオスタシスの維持に不可欠である....

全文記事

HbA1c

栄養-評価と治療 Vol.24 No.1, 67-71, 2007

HbA1cとは採血2ヵ月前から採血時までの血糖応答の平均を推測するのに指標となる値であり, 日本人健常人の平均値は4.3~5.8%である. ...