記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

51 - 60件目 (全249件中)

肝細胞がんに対するレゴラフェニブ

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 106-108, 2017

進行肝細胞がんにおいては,2008年にソラフェニブの有効性を示す第Ⅲ相臨床試験の結果が報告され,その後も積極的に治療薬開発が行わ...

RET肺がんに対する臨床試験

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 95-97, 2017

近年,進行非小細胞肺がんの治療において,上皮成長因子受容体(EGFR)やALK,ROS1などのドライバー変異に基づ...

新世代の分子標的治療

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 58-65, 2017

分子標的治療の開発は疾患の分子病態をもとに,がん特異的な分子を標的に定めて行われる。標的はさまざまで,シグナル伝達分子や増殖...

新世代の分子標的治療 肺がん

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 34-38, 2017

上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異やALK融合遺伝子などの遺伝子異常を有する非小細胞肺がん(NSCLC)に対する特異...

ラムシルマブとはどのようなお薬ですか?

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 70-73, 2017

「Answer」ラムシルマブは,血管阻害剤として,胃がん,結腸・直腸がん,非小細胞肺がんに対して,有効性を示し,今後さらなる適応拡...

オートファジーの制御機構について

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究...

3ガイドラインの比較検討―切除不能進行がん

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 40-47, 2017

切除不能大腸がんの治療においてバイオマーカー検査の重要性が近年高まっている。RAS遺伝子変異は,抗EGFR抗体薬における負の...