記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

41 - 50件目 (全54件中)

画像診断;PET

Pharma Medica Vol.26 No.1, 45-50, 2008

「はじめに」PETは近年最も急速に普及している画像診断である. 10年前のPET施設は研究所を主体として30施設足らずであったが, 2007年...

【診断】PET/CTによる画像診断

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.4, 21-25, 2008

「Summary」 FDG-PETは, 形態をみる従来の画像診断と異なり, 糖代謝の亢進した組織を画像化する機能診断法である. 大腸癌には良好に...

18FDG-PETによる薬物療法の効果判定

The Lipid Vol.18 No.1, 71-78, 2007

破綻しやすい不安定プラークは, 炎症細胞成分に富んでいることが知られているが, 病変局所が実際に炎症性変化を伴った不安定プラーク...

PETの展望 癌検診への応用と課題

Pharma Medica Vol.24 No.10, 71-75, 2006

はじめに FDG-PETを用いた癌検診は, 1994年山中湖クリニックを嚆矢として, 2000年開始の西台クリニックに続き2002年以降急増した. 20...

PETの展望 炎症性疾患への応用

Pharma Medica Vol.24 No.10, 67-70, 2006

I. FDGの炎症集積の確立 FDGの炎症集積が知られたのは, Taharaらの, 腹部膿瘍にリング状の非常に高いFDG集積がある衝撃的な症例報告...

PETの展望 放射線治療への応用

Pharma Medica Vol.24 No.10, 63-66, 2006

はじめに 2002年にFDG-PET検査が保険償還されて以降, 本邦におけるPET検査の件数は急速に増加している. これはPETの臨床的有用性が広...

PETの展望 腫瘍の治療効果判定への応用

Pharma Medica Vol.24 No.10, 59-61, 2006

はじめに CTやMRIなどの画像診断の進歩, さらに分子生物学的には遺伝子診断の進歩により, 癌の診断方法はここ10年来で飛躍的に進歩し...

PETの展望 新しいPET用薬剤

Pharma Medica Vol.24 No.10, 51-54, 2006

はじめに [18F]FDGを用いるPET検査は, 癌診断をはじめとして脳機能, 心機能診断などの診断分野において広く臨床的有用性が認められて...

PETの現状 悪性リンパ腫の診断,評価

Pharma Medica Vol.24 No.10, 45-49, 2006

はじめに 悪性リンパ腫の患者数は増加傾向にあるといわれている. 悪性リンパ腫の診断には組織診断が必須だが, 病変は全身に, しかも...

PETの現状 婦人科癌の診断,評価

Pharma Medica Vol.24 No.10, 39-44, 2006

はじめに 癌の診断は, これまではX線写真, CT, MRI, 超音波診断などの形態診断が主体であり, 形態診断をもとにした生検や手術標本か...