記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

41 - 50件目 (全977件中)

低炭水化物食における分子栄養メカニズム

Pharma Medica Vol.38 No.9, 79-83, 2020

近年,低炭水化物食や断続的断食に代表される擬似絶食療法は,その独自性や特殊性から薬物治療と異なる代替療法として,肥満症や糖尿...

Ⅱ 糖尿病性腎臓病 Clinical 2020 ~Current and Future Therapeutic Strategies~

ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬への期待

Pharma Medica Vol.38 No.9, 69-74, 2020

アルドステロンはミネラルコルチコイド受容体(mineralocorticoid receptor:MR)に結合し,ナトリウム再吸収や体液調整を司るとともに...

Ⅰ 糖尿病性腎臓病Basic 2020 ~Bridging to Clinical Research~

オートファジーからDKDを制御する

Pharma Medica Vol.38 No.9, 19-23, 2020

糖尿病性腎臓病(diabetic kidney diseases:DKD)の克服はわが国の喫緊の医療課題の1つである。近年,肥満患者の増加,高齢化を背景...

8.サルコペニア肥満の研究的変遷

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 45-50, 2020

サルコペニア肥満は,“サルコペニア”に“肥満”が合併した造語である。サルコペニアや肥満のそれぞれ単独よりも,それらが合併したサル...

7.高齢者における骨格筋の量および質の変化と疾患リスク

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 39-44, 2020

近年,わが国では超高齢化社会となり,代謝血管疾患に対する加療のパラダイムシフトが起きつつある。例えば,メタボリックシンドロー...

4.サルコペニア肥満の臨床

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 22-27, 2020

生体でのアディポカインを中心とした脂肪細胞とマイオカインを中心とした骨格筋の作用が明らかになってきた。このアディポカイン,マ...

3.日本人と欧米人のサルコペニア肥満の相違

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 16-21, 2020

インスリンには主に同化を促進する代謝作用が知られるが,骨格筋量については正に制御する方向に作用する。肥満や加齢はインスリン抵...