記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

41 - 50件目 (全86件中)

消化器疾患と骨粗鬆症

THE BONE Vol.27 No.2, 89-93, 2013

骨粗鬆症と関連する消化器疾患としては, 炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎), 胃切除後, セリアック病, C型肝炎, 原発性胆汁性...

陽子線治療の効果と位置づけ

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.4, 31-37, 2012

「Summary」肝細胞癌に対する治療は, 肝機能, 腫瘍の大きさ・数・部位, 合併症の有無などに応じて手術, ラジオ波焼灼術, カテーテル...

肝細胞癌に対する肝移植

The Liver Cancer Journal Vol.4 No.3, 38-42, 2012

「はじめに」最近の周術期管理の向上により肝移植の治療成績は安定した. 1997年に臓器移植法が施行されて以来, わが国における脳死肝...

移植外科とERASプロトコール

ERAS protocol in transplant surgery

栄養-評価と治療 Vol.29 No.2, 48-51, 2012

SUMMARY ERASプロトコールは術後早期回復を目指したプログラムであるが,移植外科は対極にある。しかし肝移植においても,ER...

第70回臓器機能代替と細胞移植 障害肝と肝細胞移植

Surgery Frontier Vol.18 No.3, 86-89, 2011

はじめに  重症の肝疾患に対する最も有効でかつ確立された治療法は,現代においては肝移植である。しかし,肝移植は臓器提...

移植看護・移植コーディネートにおける役割と諸問題

Pharma Medica Vol.29 No.11, 55-58, 2011

はじめに  脳死移植が進まない日本では,末期肝疾患の救命として,これまでに約6,000例の生体肝移植が行われ,移植外科医の...

血液型不適合肝移植の長期成績と最近の進歩

Pharma Medica Vol.29 No.11, 37-41, 2011

はじめに  臓器移植において,血液型不適合移植は抗体関連型拒絶反応によるグラフト不全の危険があるため,一般的に禁忌と...

肝癌治療における肝移植;適応の拡大と再発予防の進歩

Pharma Medica Vol.29 No.11, 33-36, 2011

はじめに  わが国では原発性胆汁性肝硬変,胆道閉鎖術後などの胆汁鬱滞性肝疾患が多かったが,2004年から,肝癌症例でもミ...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.29 No.11, 7-8, 2011

 わが国の臓器移植は生体移植から始まった。東京大学の木本らによって,初の生体腎移植が行われたのは1964年,島根大学の永末らによ...

HCV感染者に対する肝移植

Pharma Medica Vol.29 No.10, 27-31, 2011

はじめに  わが国における成人の肝移植症例の原疾患のなかで,C型肝炎ウイルス(hepatitis C virus;HCV)に起因する肝硬変...