記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

41 - 50件目 (全74件中)

感染による気道炎症の修飾

Modulation of airway inflammation induced by infection

喘息 Vol.27 No.1, 58-62, 2014

「Summary」乳児期の細気管支炎の主な原因として知られる呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染はしばしば反復性喘鳴をもたらし, 一部の患児...

川崎病血管炎と粥状動脈硬化発症の関連

血管医学 Vol.14 No.4, 80-86, 2013

「Summary」川崎病既往が動脈硬化の早期発症・進展における危険因子となる可能性が指摘され, 議論されることが増えてきた. 動脈硬化...

特集にあたって

皮膚アレルギーフロンティア Vol.11 No.3, 5, 2013

10年前まで, 経口免疫についてよく理解している人でさえ, ある種の食物アレルギーが経皮感作により起こるという考えはもっていなかっ...

百日咳:咳の特徴

Pertussis

THE LUNG perspectives Vol.21 No.4, 42-44, 2013

「Summary」百日咳は, かつては乳幼児の疾患であったが, ワクチンの普及により典型的な症状を呈する乳幼児は少なくなった. 一方, 思...

二次心臓領域の発生と先天性心疾患

血管医学 Vol.13 No.3, 115-122, 2012

先天性心疾患は, 最も頻度が高い先天異常のひとつであり, 新生児・乳児死亡の重要な原因である. 特に, 心臓流出路, 右心室発生異常を...

骨粗鬆症発症の一次予防と二次予防―産婦人科医の観点から

PRIMARY&SECONDARY PREVENTION OF OSTEOPOROSIS : A GYNECOLOGIST'S VIEW

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.2 No.2, 51-55, 2012

「はじめに」人体にはおよそ200個の骨があり, 各骨は人体を架橋して, 身体の健全な形態と運動性を維持している. 一方, 骨は堅くて壊...