記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

41 - 50件目 (全141件中)

経口抗凝固薬の臨床試験とエビデンス

Clinical trials and evidences concerning anticoagulants

脳と循環 Vol.20 No.2, 35-41, 2015

「SUMMARY」近年,次々に発売されている新規経口抗凝固薬はいずれも標準治療薬であるワルファリンとの非劣性を大規模臨床試験で実証...

経口抗凝固薬使用上の基礎知識

Basic knowledge for treatment with oral anticoagulants

脳と循環 Vol.20 No.2, 25-29, 2015

「SUMMARY」血液凝固反応については,細胞膜上での爆発的なトロンビン産生機序の理解が必要である.少量のトロンビンは活性化血小板...

(座談会)経口抗凝固薬の展望

脳と循環 Vol.20 No.2, 15-24, 2015

「心房細動による心原性脳塞栓症の特徴と実態」棚橋(司会):近年注目されている新規経口抗凝固薬(NOACs)は、1962年の発売...

抗血栓療法に伴う落とし穴:抗血栓療法のリスク管理

Safety management of antithrombotic therapy -When do we stop and restart?

Pharma Medica Vol.33 No.5, 53-57, 2015

「はじめに:抗血栓療法のリスク管理のポイント」抗血小板・抗凝固療法の処方医と処置の主治医の緊密な連絡だけではなく,院内コンセ...

新規経口抗凝固薬による非弁膜症性心房細動の脳塞栓予防

Prevention of ischemic stroke for NVAF patients with NOAC.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 43-47, 2015

「はじめに」心原性脳塞栓は脳梗塞のなかでも最も重症度が高く,退院時転帰の6割は死亡,寝たきり,補助無しでは歩けない,のいずれ...

日本人のワルファリン治療の特性

The use of warfarin in Japanese patients.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 37-41, 2015

「はじめに」ワルファリンはビタミンKを阻害することで血液凝固を阻害する,複数の凝固因子をターゲットとした抗凝固薬である。心房...

頭部回旋と嚥下運動により内頸動脈が移動し,舌骨との接触によって内腔に血栓を生じることで一過性脳虚血発作を繰り返した一例

脳と循環 Vol.20 No.1, 51-55, 2015

「症例」48歳,女性,右利き.「主訴」一過性の左半身の脱力と痺れ.「既往歴」シェーグレン症候群(2003年~)....