記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

41 - 50件目 (全1540件中)

夜間多尿に対する薬物療法

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 50-55, 2020

夜間多尿は夜間頻尿の原因として大きな比重を占めているが,これまで保険収載された薬剤はなかった。しかし,2019年6月に「男性にお...

夜間多尿に対する行動療法

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 42-49, 2020

夜間多尿に対する行動療法としては,飲水指導,塩分制限,栄養指導,運動療法,弾性ストッキング着用,昼間の下肢挙上などがある。通...

膀胱蓄尿障害にともなう夜間頻尿の薬物療法

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 34-41, 2020

過活動膀胱(overactive bladder;OAB)あるいは前立腺肥大症(benign prostatic hyper-plasia;BPH)の治療薬は,随伴する夜間頻尿...

夜間多尿の病態:循環器内科の立場から

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 28-33, 2020

夜間頻尿・多尿は畜尿障害だけではなく,夜間尿産生が亢進することによって発症することもある。尿産生にはナトリウム(Na)利尿と水...

夜間頻尿の疫学とリスク因子

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 22-27, 2020

夜間頻尿に関する疫学において一貫して明白なことは,夜間頻尿は男女や年齢層を問わず頻度の高い下部尿路症状であること,その頻度は...

ガイドライン改訂の要点と診療アルゴリズムの解説

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 14-21, 2020

最近,『夜間頻尿診療ガイドライン第2版』が発刊された。今回の改訂の大きなポイントは次の4点である。①診療アルゴリズムを泌尿器科...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 13, 2020

2009年にわが国で初めて『夜間頻尿診療ガイドライン』が刊行され,臨床の場で長らく使用されてきた。それから実に11年を経て改訂され...

アルコールと糖尿病:代謝からみた飲酒の功罪

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.5, 29-34, 2020

糖尿病の診療をしていると,飲酒機会の頻度と血糖コントロールの関係には明確な関係があるように感じられる。わが国において,合併症...

治未病と食品の機能性

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.4, 22-27, 2020

現代の日本では内科系疾患の治療に西洋医学による薬物療法の採用が主体になっている。しかし,肥満やメタボリック症候群から進展する...