記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

4631 - 4640件目 (全4644件中)

低侵襲手術のアウトカムを検証する

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 45-49, 2006

前立腺肥大症(BPH)の外科的治療方法には, 従来の経尿道的切除術(TURP)や開腹術に加え低侵襲手術と称される一群の治療法が存在し, 良...

夜間頻尿を訴えるBPH患者の治療

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 39-44, 2006

従来夜間頻尿は前立腺肥大症が原因の症状だと考えられることが多く, 両者が関連していることは国際前立腺症状スコアの項目の中に夜間...

α₁ブロッカーによる射精障害は逆行性射精か?

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 32-37, 2006

交感神経α1受容体のうち前立腺平滑筋に広く分布するサブタイプAに, より選択性の高い薬剤が出現し, 起立性の低血圧などの合併症は減...

α₁ブロッカーの長期成績と手術移行例の予測因子

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 27-31, 2006

α1ブロッカーによる薬物療法は, 前立腺肥大症(BPH)による下部尿路症状(LUTS)に対する有効かつ安全な治療方法であり, 広く一般に使用...

前立腺肥大症治療によるOABの改善効果

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 20-26, 2006

前立腺肥大症の約半数に過活動膀胱が合併する. 前立腺肥大症に対する初期治療の主体であるα1ブロッカーにより過活動膀胱の症状が有意...

前立腺肥大症の診療ガイドラインの検証

排尿障害プラクティス Vol.14 No.2, 13-19, 2006

「EBMに基づく前立腺肥大症診療ガイドライン」が2001年に発刊され, 前立腺肥大症(BPH)の治療指針がアルゴリズムで示された. 診療ガイ...

前立腺全摘除術後尿失禁に対する磁気刺激治療

―Extracorporeal magnetic innervation―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 65-71, 2006

前立腺全摘除術は限局性前立腺癌に対する一般的な手術となり安全に施行されるようになったが, 依然として術後尿失禁は患者のQOLを低...

磁気刺激法の神経学的診断法への応用

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 52-64, 2006

磁気刺激は, 被検者に痛みを感じさせず, 非侵襲的に, 電気刺激と同様の刺激を, 末梢および中枢神経に与えることができる. そのため, ...

尿失禁に対する磁気刺激法

―交差式二重盲検試験を中心に―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 46-51, 2006

磁気刺激治療法は, 尿失禁に対する非侵襲的な治療法として注目されている. 今回われわれは, 40名の切迫性尿失禁患者と24名の腹圧性尿...