記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

4571 - 4580件目 (全4632件中)

C型肝炎に伴う脂質代謝異常

The Lipid Vol.17 No.2, 54-59, 2006

C型肝炎ウイルス(HCV)は, 肝臓を主なターゲットとして病変を惹起するが, 最近になり, HCV感染症のもつ代謝性疾患としての側面が注目...

過栄養性脂肪肝

The Lipid Vol.17 No.2, 50-53, 2006

内臓性肥満と関連して脂肪肝が注目されている. しかし, 脂肪性肝炎やアルコール性脂肪肝と比べると, 過栄養性脂肪肝自体の臨床的な意...

アルコール性脂肪肝

The Lipid Vol.17 No.2, 44-49, 2006

アルコール性脂肪肝は, ほとんどの大酒家にみられ, 中心静脈域への脂肪蓄積が特徴的である. エタノール代謝の際に細胞内NADH/NAD比が...

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の臨床

The Lipid Vol.17 No.2, 39-43, 2006

NASH(非アルコール性脂肪肝炎, nonalcoholic steatohepatitis)はLudwigらにより1980年に提唱された新しい症候群で, ウイルス性肝疾患...

メタボリックシンドロームにおける肝疾患

―NASHにおけるアディポネクチンの意義を中心に―

The Lipid Vol.17 No.2, 33-38, 2006

近年, 過栄養に伴う生活習慣病が増加し, 内臓脂肪蓄積を基盤としたメタボリックシンドロームが社会的にも注目されている. 脂肪組織は...

過酸化物調整機構としての肝

The Lipid Vol.17 No.2, 28-32, 2006

酸素は生命維持に必須であるが, 酸素を用いた反応の過程で必要以上の過酸化物が生成する. 脂質の1次酸化生成物である脂質ヒドロペル...

胆汁酸の生成・分泌機構とその異常

The Lipid Vol.17 No.2, 21-27, 2006

肝臓は, 過剰なコレステロールを生体から除去することができる唯一の臓器である. その主役を務めるのが, コレステロールから肝臓で特...

肝臓におけるインスリン感受性制御の分子機構

―最近の知見―

The Lipid Vol.17 No.2, 14-20, 2006

肝臓におけるインスリン抵抗性は, メタボリックシンドローム, 糖尿病における病態形成においてきわめて重要である. 肝臓におけるイン...

小児期動脈硬化の非観血的評価(IMT,FMD)

The Lipid Vol.17 No.1, 59-65, 2006

動脈硬化は小児期にはじまり, 中年期以降に動脈硬化性心血管疾患へと進展していく. 動脈硬化性心血管疾患への進展を予防するうえにお...

小児の高脂血症と動脈硬化

The Lipid Vol.17 No.1, 55-58, 2006

高脂血症は, 動脈硬化の代表的な危険因子として小児期から作用し, 若年性の心血管病のもとになる. 特に, 家族性高脂血症である家族性...