記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

401 - 410件目 (全414件中)

内側側頭葉てんかん手術の現状と展望

Epilepsy Vol.1 No.2, 7-12, 2007

亀山(司会) 内側側頭葉てんかんに対する手術療法は, てんかん外科のなかで最も多く実施されており, また薬物療法よりも著効を示すと...

てんかんケアのツール

Epilepsy Vol.1 No.1, 46-51, 2007

成人のてんかんケアにおける問題点 井上(司会) てんかんは合併症も多く, 心理的負荷の大きな疾患ですので多方面からのケアが必要です...

今,日本の医療に必要なもの

―医療崩壊から抜け出すために―

Frontiers in Gastroenterology Vol.12 No.4, 3-9, 2007

医療崩壊と聞いて誰もが思い浮かべるのは, 最近よく報道される, 地方の病院における深刻な医師不足とその結果引き起こされる勤務医の...

消化器癌に対する放射線治療の進歩

Frontiers in Gastroenterology Vol.12 No.3, 3-9, 2007

消化器癌に対する放射線治療といえば,これまで食道癌以外に話題に上ることはあまりなかった.しかし,現在重粒子線を使えば,肝臓癌の局...

変わっていく大腸癌治療

Frontiers in Gastroenterology Vol.12 No.2, 3-10, 2007

癌患者は増え続けているはずなのに, 最近人工肛門という言葉を以前ほど耳にしなくなったのは, 大腸癌治療がどの分野よりも著しい進歩...

高久史麿×川上正舒

The Lipid Vol.18 No.4, 78-85, 2007

戦前の朝鮮半島で幼年期を過ごす.食べ物の好き嫌いが解消されたのは寄宿舎生活の賜物 -高久先生は,医学教育,臨床,基礎研究のいずれの...

(座談会)「再びコレステロールを考える」

The Lipid Vol.18 No.3, 7-17, 2007

「北(司会)」本日は「再びコレステロールを考える」というテーマの特集号の座談会です. このテーマに大きくかかわる新ガイドラインが...

(座談会)ビタミンD研究の過去・現在・未来

THE BONE Vol.20 No.6, 127-140, 2006

折茂(司会) 活性型ビタミンD3製剤[1α-(OH)D3]は, 1981年に慢性腎不全に起因する二次性副甲状腺機能亢進症による骨代謝異常, ビタミン...

(座談会)骨粗鬆症の予防

THE BONE Vol.20 No.4, 121-133, 2006

わが国における骨粗鬆症の現状 折茂(司会) 高齢社会を迎えたわが国においては, 骨粗鬆症への対策が, 単に医学的だけではなく, 社会的...

脳と循環―10年を振り返って

脳と循環 Vol.11 No.3, 45-52, 2006

山口(司会)-本誌が創刊された10年前, 1995年に米国のNINDS(National Institute of Neurological Disorders and Stroke)のt-PA(tissue...