記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全4573件中)

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

4.夜間頻尿

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 42-45, 2020

夜間頻尿は高齢者の最も困る症状であり,加齢とともに増加する.夜間頻尿の原因としては,泌尿器疾患,水分過剰摂取,睡眠障害,高血...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

3.脂肪肝の成因

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 39-41, 2020

脂肪肝には大滴性脂肪肝と小滴性脂肪肝があり,通常は脂肪肝とは大滴性脂肪肝を指す.脂肪肝の最も多い成因は肥満(いわゆるメタボリ...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

2.心房細動と高血圧

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 35-38, 2020

睡眠時無呼吸症候群は,高血圧,心不全,心房細動,冠動脈疾患,大動脈解離など様々な循環器疾患を合併することが知られている.その...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

1.閉塞性睡眠時無呼吸と認知機能低下

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 31-34, 2020

アルツハイマー病(AD)は,認知症を呈する疾患の1つである.社会的な関心も高く,AD発症の可能性を高めるリスクファクターの研究が...

組織低酸素がもたらす全身性の病態変化

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 27-30, 2020

睡眠時無呼吸症候群の患者は,夜間間欠的に低酸素にさらされることで種々の生体反応が起こる.これらの反応は低酸素による交感神経の...

睡眠時無呼吸症候群:わが国の現状と課題

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 22-26, 2020

睡眠時無呼吸には閉塞性(OSA)と中枢性(CSA)があり,頻度的には前者が多いが,同一個人にOSAとCSAの合併をみることも多い.OSAに...

閉塞性睡眠時無呼吸症候群:精緻医療時代の臨床課題

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 17-21, 2020

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の診療では,First Lineの検査は終夜睡眠ポリグラフ(PSG)であり,First Lineの治療は経鼻的持続...

序文

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 16, 2020

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の治療の主流となっているCPAP(持続陽圧呼吸療法)を発明したのはオーストラリアの医師,Sullivan...

育児支援・メンタルヘルス

Pharma Medica Vol.38 No.6, 51-55, 2020

メンタルヘルス不調にある妊産婦を早期に見つけ,多職種で地域と連携しながら育児支援の対策を立てていくことは,最近の母子保健に関...

不妊治療

Pharma Medica Vol.38 No.6, 47-50, 2020

近年の初婚および初産年齢の上昇により,わが国の不妊症カップルの数は増加した。生殖医療は急速に発展しているものの,いまだ女性の...