記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全14579件中)

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と心血管疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 57-60, 2020

腸内細菌と肥満・糖尿病などの代謝性疾患や炎症性腸疾患との関連が報告され,腸内細菌への介入により疾患を予防・治療する研究が進め...

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と膵性糖尿病

Pharma Medica Vol.38 No.12, 51-55, 2020

膵性糖尿病は,糖尿病の成因分類において,その他の特定の機序,疾患によるものに含まれ1),慢性膵炎のような膵外分泌疾...

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と糖尿病

Pharma Medica Vol.38 No.12, 47-50, 2020

2000年代以降,次世代シークエンサーの開発とメタゲノム解析の進歩により,腸内細菌叢がさまざまな全身疾患に関連することが明らかと...

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌と肥満症

Pharma Medica Vol.38 No.12, 41-45, 2020

ヒトの腸内細菌が有する遺伝子数はヒト細胞の100倍にも及び,また腸内細菌が腸管内で産生する代謝産物が宿主の臓器にさまざまな影響...

Ⅱ腸内細菌と代謝疾患

腸内細菌とDOHaD学説

Pharma Medica Vol.38 No.12, 37-40, 2020

近年の腸内細菌研究の発展により,成体における腸内細菌の変化やそれに伴う腸内細菌代謝物の変化が,代謝性疾患,免疫系疾患,神経系...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と腸管運動

Pharma Medica Vol.38 No.12, 31-35, 2020

緻密に制御された腸管運動は,消化・吸収・排泄を担っており,ヒトの生命維持に不可欠である。近年,無数に存在する腸内細菌が,糖質...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と自己免疫疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 23-29, 2020

今世紀の次世代シーケンサーの普及により可能となったメタゲノム解析により,自己免疫疾患も含めてさまざまな疾患において腸内細菌叢...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と炎症性腸疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 17-22, 2020

腸管は人体最大の免疫臓器であると同時に,食物の消化・吸収の場であり,無数の常在細菌,病原性細菌や食餌性抗原に常に曝されている...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌と肝胆道系疾患

Pharma Medica Vol.38 No.12, 13-15, 2020

ヒト消化管には約1,000種の腸内細菌が100兆個以上存在し,腸内細菌のもつ総遺伝子数は,ヒト遺伝子数の約150倍と見積もられる。腸内...

Ⅰ腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌とNASH/肝臓がん

Pharma Medica Vol.38 No.12, 9-12, 2020

世界的なメタボリックシンドローム人口の増加に伴い,非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)および...