記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

31 - 40件目 (全49件中)

バイオマーカーの最近のtopics

がん分子標的治療 Vol.16 No.2, 42-49, 2018

分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬ががん治療に浸透していくなかで,より適切で効果的な治療開発に向け,バイオマーカーの研究...

PARP阻害薬対象症例の選択(乳がん・卵巣がん)

がん分子標的治療 Vol.16 No.1, 88-90, 2018

Poly[ADP-ribose]polymerase(PARP)は,DNAの一本鎖切断を修復するという重要な働きを担っている酵素である。このPARPを阻害する...

PARP阻害薬

がん分子標的治療 Vol.15 No.4, 56-61, 2017

PARP阻害薬は,DNA修復機構に異常をもつ腫瘍に対し,“合成致死”というメカニズムを通じて画期的な効果を発揮する分子標的薬である。B...

Neo-Entrance試験

CANCER BOARD of the BREAST Vol.3 No.2, 64-65, 2017

Triple negative乳癌(TNBC)の周術期における標準薬物療法レジメは,タキサン系およびアンスラサイクリン系抗癌剤の逐次投与である...

HRD アッセイ

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 62-65, 2017

相同組み換え修復はDNA 二本鎖切断(DSB)の修復において重要な役割を果たしているが,その異常(相同組み換え修復不全(HRD))は,...

TOPARP-A試験

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 126-129, 2016

BRCA 遺伝子の生殖細胞変異は遺伝性乳がん・卵巣がんの原因の1つで,変異によりDNA二本鎖切断が相同組み換えによって修復され...

各臓器がんの新しい分子標的 乳がん

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 45-49, 2016

遺伝子解析技術の躍進に伴い,治療標的となる遺伝子変異の有無や薬剤抵抗性の機序などが明らかになってきた。これまで乳がん治療の中...

PARP阻害薬のバイオマーカー

Biomarker development of PARP inhibitors

がん分子標的治療 Vol.14 No.1, 112-115, 2016

「SUMMARY」BRCA遺伝子変異がんに対する合成致死(synthetic lethality)が2005年に報告されて以来,BRCA遺伝子変異を有する進行固形...

VUS(variant of unknown significance)

CANCER BOARD of the BREAST Vol.2 No.1, 66, 2016

ヒト遺伝子の塩基配列には個人差があり,個体間の塩基配列の違いは1000塩基に1ヵ所程度(0.1%)と考えられている。一般集団中で100...

BRCA1/2のgenomic変異を伴う家族性腫瘍

CANCER BOARD of the BREAST Vol.2 No.1, 5-17, 2016

「症例1」現病歴:33歳時に右乳房切除と腋窩リンパ節郭清を施行。術後CAF療法6サイクル,タモキシフェン5年,LH-RHアゴニスト3...