記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全41件中)

(座談会)交感神経と循環器疾患

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.2, 87-95, 2012

「はじめに」 筒井(司会) 交感神経系は非常に短時間に活性化される強力な血圧の調節機構として古くから知られており, また, 高血圧, ...

臨床 心不全と交感神経

Sympathetic Nervous System in Heart Failure

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.2, 71-75, 2012

「はじめに」 心臓に障害が起こると, 低下した心機能を維持するためにさまざまな代償機構が働く. レニン・アンジオテンシン(RA)系や...

総論

CARDIAC PRACTICE Vol.23 No.2, 16-17, 2012

交感神経系は, レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系とともに, 循環器系の機能制御の中心的役割を果たしている. 交感神...

SHIFT

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.2, 79-81, 2011

 安静時心拍数の増加は心血管病による死亡および心不全発症リスクを増加させることが知られている。一方,β遮断薬は慢性心不全患者...

ガイドラインに基づいた治療戦略 疾病管理

Disease management program for patients with heart failure

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.1, 67-73, 2011

はじめに  慢性心不全患者の多くは入・退院を繰り返す高齢者であり,心臓救急の現場では,再入院予防への対策が急務となっ...

(座談会)心不全の非薬物療法の最新動向

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.1, 75-81, 2011

はじめに 筒井(司会) 慢性心不全ではACE阻害薬,β遮断薬による標準的薬物療法が導入されてから,予後は向上してき...

序文

CARDIAC PRACTICE Vol.22 No.1, 13, 2011

 数々の大規模臨床試験によって慢性心不全に対するレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系抑制薬やβ遮断薬の予後改善効果が明...

心不全治療における体液管理

Fluid Management Renaissance Vol.1 No.2, 81-86, 2011

アンケート調査概要 ●対象:本誌編集アドバイザー 43名循環器...

腎障害合併心不全の病態と治療

Pathophysiology and treatment of heart failure associated with chronic kidney disease

Fluid Management Renaissance Vol.1 No.1, 32-39, 2011

Summary 近年の臨床疫学調査により,これまで推定されていた以上に慢性腎臓病は心不全に高頻度に合併することが明らかとなっ...

グルタチオンペルオキシダーゼ

血管医学 Vol.12 No.4, 71-78, 2011

グルタチオンペルオキシダーゼ(glutathione peroxidase;GPx)は,還元型グルタチオンを利用して,過酸化水素や脂質過酸化物を還元...