記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全45件中)

『O.li.v.e.』創刊3周年記念座談会

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.4 No.1, 6-17, 2014

「糖尿病患者の骨質劣化には高血糖や酸化ストレスによるAGEs生成が関与」「太田」骨粗鬆症と生活習慣病との連関を多面的な視点から捉...

高血圧,心血管イベントと骨粗鬆症

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.3 No.4, 8-16, 2013

[塩分摂取量が増えるとカルシウム排泄量が増加し骨が脆弱化] [山岸] いくつかの疫学的研究の結果などから, 高血圧と骨粗鬆症の関連が...

基礎 血糖変動と血管障害

Glycemic variability and vascular injury

CARDIAC PRACTICE Vol.24 No.4, 23-26, 2013

[はじめに] 生活習慣病の中でも糖尿病患者の蔓延は世界的な傾向であり, 2009年の国民健康・栄養調査で, わが国には予備軍まで含めて...

2. 血栓症予防を見据えた糖代謝管理

Anti-aging Science Vol.5 No.1, 17-20, 2013

「I はじめに」糖尿病, 高血圧, 脂質代謝異常などの動脈硬化性疾患の危険因子は, しばしば重積し相乗的に作用して, 心血管イベントの...

蛋白が糖まみれ?Toxic AGEs~生活習慣病の原因を探る

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.2 No.3, 32-38, 2012

「生活習慣病の病因物質になるAGEs」唐橋:今回のテーマ“toxic AGEs(TAGE)”は, 私には初めて耳にする言葉です. サブタイトル...

糖尿病と骨粗鬆症

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.2 No.2, 8-18, 2012

「骨密度が減少していなくても注意が必要な2型糖尿病の骨折リスク」山岸(司会): 欧米的な生活習慣や高齢化などの要因により, ...

色素上皮由来因子(PEDF)の血管障害保護作用

血管医学 Vol.12 No.2, 87-92, 2011

 慢性的な高血糖状態では,循環血液中や組織で終末糖化産物(AGE)が促進的に形成,蓄積される.AGEは,細胞表面受容体であるRAGEに...

糖尿病血管症の分子機構とその阻止

血管医学 Vol.11 No.3, 63-68, 2010

「Summary」慢性的な高血糖状態では, 循環血液中や組織で終末糖化産物(AGE)が促進的に形成, 蓄積される. AGEは細胞表面受容体であるR...

(座談会)血管の「今」と近未来像

―『血管医学』10年を振り返って近未来を語る―

血管医学 Vol.11 No.3, 7-20, 2010

「丸山」本日は, わが国の血管医学研究のオピニオンリーダーでおられる, 本誌の編集委員の先生方にお集まりいただきました. まず, 先...