記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全42件中)

特集にあたって

Pharma Medica Vol.27 No.10, 7-8, 2009

近年, 「メタボリックシンドローム」が注目を集め, 「太りすぎ」が健康によくないことは広く認識されている. なぜ太るのか, やせるた...

特集にあたって

The Lipid Vol.20 No.3, 12-13, 2009

生体膜の主要な構成成分である脂質は, 生体の最も効率のよいエネルギー源として重要な役割を果たしているが, 同時に, 生理活性を有す...

TLRシグナルとメタボリックシンドローム

Diabetes Frontier Vol.19 No.2, 237-242, 2008

「はじめに」近年, 過栄養や運動不足のような生活習慣の欧米化によりメタボリックシンドロームの患者数が増加している. メタボリック...

Ⅰ 脂肪組織と炎症 脂肪酸と炎症

Diabetes Frontier Vol.19 No.1, 24-26, 2008

「はじめに」生活習慣の欧米化により動脈硬化性疾患の罹患率が増加している. 近年, 内臓脂肪型肥満を背景として高血圧, 糖代謝異常, ...

(病態生理)ω3多価不飽和脂肪酸と肥満・糖尿病

The Lipid Vol.19 No.4, 48-53, 2008

1970年代のイヌイット族における疫学的研究から, ω3多価不飽和脂肪酸(ω3PUFAs)の摂取は心血管疾患や2型糖尿病を抑制することが知られ...

特集にあたって

The Lipid Vol.19 No.4, 12-13, 2008

栄養素であり, かつ生体膜脂質の構成成分でもある脂肪酸は, 生命維持に必須である. 脂肪酸は, 炭素数と二重結合の有無(飽和・不飽和)...

(臓器障害の視点から)骨格筋とリポトキシシティ

The Lipid Vol.19 No.3, 38-42, 2008

骨格筋は人体で最大の組織であり, エネルギー代謝, 糖(グルコース)取り込み, 運動において重要な役割を果たす. 糖尿病になるとインス...

脂肪細胞とマクロファージの相互作用

The Lipid Vol.19 No.1, 57-63, 2008

肥満の脂肪組織には, マクロファージ浸潤の増加が認められ, 脂肪組織の炎症性変化における病態生理的意義が注目されている. われわれ...

レプチンと神経性食欲不振症

Pharma Medica Vol.24 No.3, 29-33, 2006

「はじめに」レプチンは脂肪組織由来のホルモンで, 視床下部に作用し強力な摂食抑制とエネルギー代謝亢進をもたらす. さらにレプチン...