記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全1540件中)

Quality by Design

再生医療 Vol.20 No.1, 66-67, 2020

Quality by Design(QbD)とは,設計による品質の作り込みを意図した,開発経緯の概念である。その手法は,製剤開発では一般的となる...

手術療法─腹圧性尿失禁に対する外科治療

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 56-61, 2020

腹圧性尿失禁(stress urinary incontinence;SUI)に対する標準術式はtension-free vaginal tape(TVT)手術やtransobturator tape...

薬物療法~過活動膀胱と低活動膀胱の薬物療法についての最近の話題~

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 50-55, 2020

女性下部尿路症状の病態はさまざまなものがあり,原因は膀胱や尿道にとどまらず,骨盤臓器脱など女性特有の骨盤底機能障害も考慮する...

行動療法,神経変調療法─女性下部尿路症状治療の第一選択

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 43-49, 2020

下部尿路症状においては蓄尿症状,排尿症状,排尿後症状(残尿感と排尿後尿滴下)があるが,特に女性では蓄尿症状の頻度が高く,治療...

定義・疫学・QOL─FLUTSの疫学と生活の質への影響

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 29-34, 2020

下部尿路症状(lower urinary tract symptoms;LUTS)は,下部尿路機能障害に起因するが,女性では性交,骨盤底機能障害,生殖器疾患...

Clinical Questions(重要なCQ)

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 21-28, 2020

今回のガイドライン改訂では,Clinical Questions(CQ)が12個から26個へ増加した(表)。骨盤臓器脱に関連したもの(CQ6,24),女...

ガイドライン改訂の要点と診療アルゴリズムの解説

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 16-20, 2020

初版の『女性下部尿路症状診療ガイドライン』1)は2013年11月に発行され,女性下部尿路症状の診療を包括的に扱ったガイド...

特集に寄せて

排尿障害プラクティス Vol.28 No.2, 15, 2020

2013年11月に,『女性下部尿路症状診療ガイドライン』が刊行された。本ガイドラインは尿失禁以外の女性下部尿路症状を網羅する点にお...

夜間頻尿と睡眠障害:不眠に対する治療について

排尿障害プラクティス Vol.28 No.1, 56-61, 2020

不眠に対する治療として,まず患者の生活習慣や睡眠環境に改善点がないか詳しく問診し,非薬物療法から始める。それでも不眠の改善が...