記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全19447件中)

新着高感度NGS

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 78-82, 2019

近年,血液をはじめとする液性検体を用いたリキッドバイオプシーと呼ばれる非侵襲的な診断方法に注目が集まっている。がんの薬物療法...

新着がん免疫セットポイント

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 73-77, 2019

免疫チェックポイント阻害薬はさまざまながん種において標準治療となり,適応の拡大が進んでいる。しかしながら,長期的な臨床効果を...

新着Claudin

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 68-72, 2019

Claudin(クローディン,CLDN)は,細胞間結合様式の1つであるタイトジャンクションの形成に関与する主要な膜蛋白質である。細胞間...

新着Neddylation pathwayを標的としたがん治療の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 64-67, 2019

ユビキチン化などの翻訳後修飾は,真核生物における巧妙な細胞機能の制御システムである。本稿では,ユビキチン(UB)と最も相同性の...

新着マイクロバイオーム研究の可能性

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 56-63, 2019

各種がん領域において免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が非常に注目されている。しかし,効果が得られる患者は一部であり,稀では...

新着腎細胞がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 52-55, 2019

日本では転移・再発腎細胞がんに使用可能な薬剤は8剤存在するが,最適な順次投与を検討した前向き臨床試験はほとんど存在せず,また...

新着多発性骨髄腫(multiple myeloma)

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 45-51, 2019

多発性骨髄腫の治療成績は,多くの新薬により,この10年で劇的に改善した。現在,承認された新薬は免疫調節薬(サリドマイド,レナリ...

新着乳がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 39-44, 2019

乳がんにおける分子標的治療は当初ホルモン療法,抗ヒト上皮成長因子受容体(HER)2療法を中心に開発されてきた。抗HER2療法では最初...

新着胃がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 33-38, 2019

がんの分子生物学的特性の理解が深まるにつれ,胃がんにおいても分子標的薬の開発が進んでいる。現在,切除不能進行・再発胃がんに対...

新着大腸がん

がん分子標的治療 Vol.16 No.4, 27-32, 2019

切除不能進行・再発大腸がんに対する化学療法は,血管新生阻害薬や抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体などの分子標的薬の登場により飛...