記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

31 - 40件目 (全18741件中)

子宮体がんの手術療法

Pharma Medica Vol.37 No.2, 49-55, 2019

子宮体がんの約半数は子宮に限局した早期がんであるため,手術療法は初期治療において中心的な役割を果たしている。一方,再発高危険...

子宮頸がんに対する薬物療法の最近の動向

Pharma Medica Vol.37 No.2, 43-47, 2019

子宮頸がんに対する薬物療法は,遠隔転移のある場合や再発した場合の化学療法として行われてきた。また初回治療においては放射線治療...

子宮頸がんの妊孕能温存手術

Pharma Medica Vol.37 No.2, 39-42, 2019

わが国における子宮頸がんの罹患者数は漸増傾向にある一方,成人女性の初婚年齢は上昇傾向にあり(2016年の統計で平均29.4歳),妊孕能...

子宮頸がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 33-38, 2019

子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術は,1992年にNezhatらにより初めて報告され,欧米では,多くの施設で導入されている。わ...

卵巣がんの新たな治療戦略 ―PARP阻害薬―

Pharma Medica Vol.37 No.2, 19-23, 2019

ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(poly ADP-ribose polymerase;PARP)は,主にDNAの一本鎖切断(single strand break;SSB)に関与する...

卵巣がん手術療法の最近の考え方

Pharma Medica Vol.37 No.2, 15-18, 2019

卵巣がん治療において,手術療法は最も重要な位置を占めると言っても過言ではない。卵巣がんの初回手術の目的は,①卵巣がんの確定診...

婦人科がんとがんゲノム医療

Pharma Medica Vol.37 No.2, 9-14, 2019

昨今,「ゲノム医療」という言葉を連日のように耳にする。特にがん領域においては,治療薬の標的となる遺伝子の病的バリアント(変異)...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.37 No.2, 7, 2019

婦人科腫瘍の治療領域においては,薬物療法においても,手術療法においても臨床研究が定着し,それらの結果がすべからく公表されて共...

健康寿命を脅かす脊椎疾患

Pharma Medica Vol.37 No.1, 60-63, 2019

脊柱管狭窄症は50~80歳代に発症しやすく、女性より男性に多いといわれています。加齢により背骨のクッションの役割をする椎間板は弾...