記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

301 - 310件目 (全327件中)

抗インフルエンザ薬治療の現状と問題点―耐性ウイルスへの対応

インフルエンザ Vol.10 No.4, 35-41, 2009

2007/2008年シーズン当初から北欧などで出現したH274Y変異によるオセルタミビル耐性ウイルスは2008/2009年シーズンになって日本でもA...

(33)CS-8958とは

インフルエンザ Vol.10 No.3, 72-76, 2009

「はじめに」 抗インフルエンザ薬としてノイラミニダーゼ(NA)阻害薬であるザナミビル(リレンザ(R))とオセルタミビル(タミフル(R))が...

新しい抗インフルエンザ薬の創薬をめぐって

インフルエンザ Vol.10 No.3, 9-10, 2009

今年の季節インフルエンザ(従来型のA型H3N2, H1N1とB型)の流行はほぼ終結したように思われるが, われわれは常にいつかは発生するであ...

耐性ウイルスを見据えた抗インフルエンザ薬治療

―オセルタミビルの有効性の推移―

インフルエンザ Vol.10 No.2, 33-39, 2009

最近, 世界的にオセルタミビル耐性ウイルスの出現が報告されている. 本稿では2003/2004年以降のウイルス培養, 感受性試験(IC50), 遺...

癌の転移とEpithelial-mesenchymal transition

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.1, 59-64, 2009

「Summary」 発生学から生じた上皮-間葉系転換(EMT)の概念は, 近年, 癌浸潤・転移機構と共通する分子機構が見い出され, その応用が多...

抗VEGFモノクローナル抗体Bevacizumabとバイオマーカー

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.1, 39-43, 2009

「Summary」 bevacizumabは血管内皮成長因子(vascular endothelial growth factor;VEGF)に特異的なヒト化モノクローナル抗体である....

胃癌治療における抗癌剤感受性試験の有用性

胃がんperspective Vol.2 No.4, 14-21, 2009

わが国における全国調査では, 抗癌剤感受性試験の正診率は74%である. われわれは胃癌補助化学療法選択における抗癌剤感受性試験の有...

ワルファリン抵抗性患者の治療

脳と循環 Vol.13 No.1, 67-71, 2008

「はじめに」ワルファリン抵抗性とは, 大量に投与してもワルファリンに対する治療効果が現れにくい状態を意味し, ワルファリン耐性や...

重症虚血肢に対する局所療法の役割

Angiology Frontier Vol.7 No.2, 40-46, 2008

糖尿病や透析例が主な対象となる閉塞性動脈硬化症(ASO)の重症虚血肢では, 血行再建による末梢血流改善と同等, もしくはそれ以上に局...