記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

291 - 300件目 (全327件中)

熱中症 病態と予防

Pharma Medica Vol.27 No.9, 21-24, 2009

「はじめに」熱中症とは, 暑熱環境下で発生する障害の総称である. スポーツ活動においては, 高温・多湿の環境下で, 高強度または長時...

新薬の開発状況

Pharma Medica Vol.27 No.4, 45-49, 2009

「はじめに」 現在, 米国FDAが認可している抗HIV-1薬は, 合剤を除いても, 侵入阻害薬2剤, 核酸系逆転写酵素阻害薬7剤, 非核酸系逆転...

薬剤耐性の現状

Pharma Medica Vol.27 No.4, 39-43, 2009

「はじめに」 ヒト免疫不全ウイルス1型(Human Immunodeficiency Virus Type-1;HIV-1)感染症の治療には, HIV-1の生存に必須の酵素で...

抗HIV薬の薬剤モニタリング

Pharma Medica Vol.27 No.4, 33-37, 2009

「はじめに」 抗HIV薬の血中濃度モニタリング(TDM)の臨床上の意義は, いまだ確立されていない. その理由として, DHHS(米国保健福祉省...

今後の感染者・患者予測

Pharma Medica Vol.27 No.4, 13-17, 2009

「はじめに」 長期間をかけた病原体の毒力(virulence)の低下や集団免疫の形成によって罹患(新規発生)数と有病数がいずれも比較的低値...

転移性乳癌に対する化学療法の進歩

Pharma Medica Vol.27 No.2, 53-58, 2009

「はじめに」転移性乳癌(進行乳癌および術後に遠隔再発をきたした乳癌)は, 根治が困難と考えられ, 局所治療ではなく全身治療(薬物治...

分子標的治療薬への期待

Pharma Medica Vol.27 No.2, 47-52, 2009

「はじめに」分子標的治療とは生体内の特定の分子をターゲットとした治療法である. トラスツズマブの成功に続いて, ラパチニブやベバ...

慢性骨髄性白血病

Trends in Hematological Malignancies Vol.1 No.1, 4-7, 2009

「慢性骨髄性白血病の病態および病期進行」慢性骨髄性白血病(CML)は, 9番染色体と22番染色体の相互転座によって生じるフィラデルフィ...

セラミドと悪性腫瘍

The Lipid Vol.20 No.3, 57-64, 2009

[Summary]セラミドはスフィンゴシンを基本骨格とするスフィンゴ脂質群の中心的脂質であり, 多数の生成・代謝酵素がかかわる複数の経...