記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全4571件中)

時間栄養学の視点からみた抗加齢対策

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 40-45, 2020

時間栄養学とは,「いつ」,「何を」食べたらいいのか,という体内時計注1を考慮した栄養学のことであり,栄養効果が時刻...

高高齢アスリートの食事状況

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 35-39, 2020

高高齢アスリートとは,マスターズアスリートのなかでも,とくに高齢な方々を指す敬称として,我々の研究グループが用いているもので...

マスターズテニスプレーヤーのコンディショニング

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 22-27, 2020

本稿では,現在マスターズテニスプレーヤーとして第一線で活躍中の勝田茂氏(筑波大学名誉教授,83歳)をとりあげる。勝田氏は長年に...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 21, 2020

2019年に開催されたラグビー・ワールドカップ日本大会は,予想をはるかに上回る記録破りの盛況のうちに幕を閉じた。そして,いよいよ...

基礎医学とのダイアローグ

2.メラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)による睡眠と記憶の調節

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 61-65, 2020

睡眠は記憶の「固定」だけではなく不必要な記憶の「忘却」にも働くと考えられている.しかし,睡眠中に忘却を引き起こす神経回路はこ...

基礎医学とのダイアローグ

1.ナルコレプシーの病因研究

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 57-60, 2020

ナルコレプシーは夜間睡眠の量や質とは関連せず過剰な眠気を生じる中枢性過眠症の代表である.中核症状は日中の居眠り反復と特異な情...

睡眠呼吸障害における医療連携:現状と課題

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 53-56, 2020

睡眠呼吸障害の病態は,上気道の局所の病変のみならず,全身へ影響を及ぼすため,合併症や併存症が多い.このため他の診療科の連携が...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

6.免疫異常

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 49-52, 2020

睡眠が心身に及ぼす影響は大きく,睡眠障害は様々な心身の機能低下(耐糖能低下,コルチゾル低下,交感神経系優位,免疫能低下等)を...

全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床

5.睡眠時無呼吸症候群における緑内障発症リスク

THE LUNG perspectives Vol.28 No.1, 46-48, 2020

緑内障はわが国における最大の失明原因であるが,そのリスク因子として睡眠時無呼吸症候群(OSAS)が注目されている.近年では睡眠時...