記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全6376件中)

No.1 注意欠如・多動性障害(ADHD)診療の現状と課題

Pharma Medica Vol.32 No.12, 108-111, 2014

 注意欠如・多動性障害(ADHD)とは,不注意,多動性,衝動性の3症状を柱とし,これらの症状を年齢不相応に強く示す神経発達障害群...

No.5 脂質異常症の治療 新薬の臨床導入と可能性

Pharma Medica Vol.32 No.12, 83-85, 2014

スタチンによるLDLコレステロール(LDL-C)低下が,心血管イベント予防に有用であることは周知だが,スタチン治療を行ってもイベント...

振動による血流改善―褥瘡・糖尿病―

WHITE Vol.2 No.2, 57-60, 2014

SUMMARY 本稿では血流を安全に,しかも利用者に快適な方法で促進させる「振動」に着目した,新しいケア方法である振動療法を...

No.3 脂質管理のさらなる改善に向けた課題と展望

Pharma Medica Vol.32 No.11, 81-83, 2014

本邦の脂質管理において主な指針とされている「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」は,2012年に最新版へと改訂されたが,現在すでに,...

No.2 脂質異常症治療の現状と今後の展望

Pharma Medica Vol.32 No.10, 78-80, 2014

PCSK9(proprotein convertase subtilisin/kexin type 9)阻害薬などの新しい作用機序を有する脂質異常症治療薬が開発中であり,スタ...

No.1 PCSK9阻害薬の登場が臨床にもたらす影響

Pharma Medica Vol.32 No.10, 75-77, 2014

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2012年版)」は,現状に至るまでに数回の改訂を経てきた。臨床での脂質管理の状況も,本ガイドラ...

2型糖尿病患者に対する早期インスリン導入は有益か?

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.4, 36-39, 2013

インスリン治療の重要性と現状 ―インスリン治療の重要性,インスリン導入の現状についてお聞かせください。  2型糖...

第49回欧州糖尿病学会(EASD)年次学術集会(Barcelona, Spain)

23-27,September,2013

Diabetes Horizons ―Practice and Progress― Vol.2 No.4, 29-31, 2013

2013年9月23日~27日,スペイン・バルセロナにおいて,第49回欧州糖尿病学会年次学術集会が開かれた。会期中は好天にも恵まれ,会場...