記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

21 - 30件目 (全88件中)

透析導入前の糖尿病性腎症において低Mg血症とFGF-23は僧帽弁石灰化および頸動脈内膜中膜複合体厚肥厚の予測因子である

Low Magnesium Levels and FGF-23 Dysregulation Predict Mitral Valve Calcification as well as Intima Media Thickness in Predialysis Diabetic Patients. Silva AP, Gundlach K, Büchel J, et al. Int J Endocrinol 2015 : 308190, 2015

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.4, 72-73, 2015

「要約」1.背景慢性腎臓病(CKD)は心血管病の危険因子であり,心血管病はCKDの50%以上の死亡原因である。その危険因...

大腸癌の転移メカニズムについて

大腸がんperspective Vol.2 No.3, 44-48, 2015

[テーマ文献①]Iliou MS, da Silva-Diz V, Carmona FJ, et al. Impaired DICER1 function promotes stemness and metastasis in col...

Ⅲ.治療 血管石灰化に対する薬物療法

The Lipid Vol.26 No.3, 57-65, 2015

「Summary」慢性腎臓病(CKD)においては,血管石灰化が高頻度に合併し,その頻度は生命予後を規定する重要な因子である.現時点では...

開会の挨拶

第2回臨床骨ネットワーク研究会

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.2, 51, 2015

これまで,骨粗鬆症治療薬の進化とともに骨の研究も進歩を遂げてきましたが,一方でなぜ骨粗鬆症治療薬によって骨折リスクを抑制でき...

3.高血圧と骨粗鬆症

Hypertension and Osteoporosis

Anti-aging Science Vol.7 No.1, 29-32, 2015

「Ⅰ はじめに」わが国が迎える超高齢社会において,高血圧と骨粗鬆症はますます増加の一途をたどっている.「高血圧治療ガイドライ...

Ⅰ.固形癌転移と骨微小環境をめぐる最新の基礎研究 1.骨転移モデルによる病態解明と新規治療戦略

Elucidation of mechanism using murine model and new treatment strategy for bone metastasis

Surgery Frontier Vol.22 No.1, 12-17, 2015

「Summary」骨転移モデルとして,免疫不全マウスにヒト癌細胞株を移植(心腔内,尾静脈内,脛骨内など)するモデルが確立され,病態...

骨粗鬆症治療薬 骨形成促進薬

Bone anabolic therapy.

Pharma Medica Vol.33 No.2, 39-43, 2015

「はじめに」現在骨粗鬆症治療薬として骨折抑制効果を明確に有する薬剤は,すべて程度の差こそあれ骨密度を増加させて効果を発揮する...

骨粗鬆症治療薬 骨吸収抑制薬

Anti-bone resorbing agents.

Pharma Medica Vol.33 No.2, 35-38, 2015

「はじめに」骨粗鬆症治療のために投与される治療薬は,大きく分けるとビスホスホネートに代表される骨吸収抑制薬,parathyroido hor...