記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

21 - 30件目 (全64件中)

高齢者の睡眠中の嚥下・誤嚥

THE LUNG perspectives Vol.25 No.1, 72-77, 2017

1. 睡眠中は嚥下の回数,頻度が減少しており,長時間,嚥下が行われておらず,咽頭・食道のクリアランスが低下している。また睡眠中...

6.骨粗鬆症の疼痛:運動療法

THE BONE Vol.30 No.3, 45-49, 2016

骨粗鬆症患者は,慢性腰背部痛を訴えることが多い.骨粗鬆症に関連する慢性腰背部痛に対して,身体運動機能が保たれている患者の場合...

3.骨関節疾患の疼痛と運動機能障害

THE BONE Vol.30 No.3, 27-30, 2016

骨関節疾患の疼痛は,外傷や加齢に伴う器質的な問題を背景として慢性の経過を辿ることが多く,この長引く痛みはしばしば運動恐怖に伴...

Graft-induced dyskinesiaの病態

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.2, 24-28, 2016

「はじめに」人工妊娠中絶した胎児の中脳ドパミン神経細胞を線条体に移植する細胞治療は,進行したパーキンソン病(PD)患者に対する...

第22回 胆汁逆流が胸やけの原因と考えられた1例

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.2, 13-15, 2015

「はじめに」GERD治療の第一選択はプロトンポンプ阻害薬(以下PPI)であるが,常用量のPPI投与によっても胸やけ症状をコントロールで...

9.リハビリテーション医学からみた筋と骨

Muscle and bone in the rehabilitation medicine

THE BONE Vol.29 No.3, 75-80, 2015

宇宙環境では,重力によるメカニカルストレスが減少し,筋骨格系の廃用が起こる.地球帰還後,メカニカルストレスが増大し,筋量と骨...

4.再生医学からみた運動器

Regenerative medicine for locomotor apparatus

THE BONE Vol.29 No.3, 39-44, 2015

骨,軟骨,骨格筋などによって構成される運動器にはさまざまな疾患や障害が発症するが,根治療法のないものも多く,新たな治療法とし...

パーキンソン病の動物モデル

Animal models of Parkinson's disease.

Pharma Medica Vol.33 No.7, 25-29, 2015

「はじめに」動物モデルは,疾患の病態解明と新規治療法開発のため必要不可欠である。これにはいわゆる先制医療の確立も含まれる。パ...

5.骨格筋系とエネルギー代謝の多臓器連関

Metabolic crosstalk between skeletal systems and energy metabolism

THE BONE Vol.29 No.1, 49-52, 2015

骨は脊椎動物の生体維持と運動機能を担う骨格系の中心であるとともに,カルシウム濃度調節や造血の場となる多彩な組織である.神経系...