記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

21 - 30件目 (全977件中)

糖尿病の食事療法Update

Pharma Medica Vol.39 No.5, 27-31, 2021

糖尿病治療における食事療法は,運動療法および薬物療法と並んで最も重要な治療法の1つである。わが国では,食生活の西欧化とともに...

GLP-1受容体作動薬の糖尿病合併症への効果

Pharma Medica Vol.39 No.5, 15-20, 2021

BaylissとStarlingは,小腸上皮から分泌され,膵液を分泌促進する物質を同定し,セクレチンと名付けた1)。消化管から分泌...

術前の食事

Pharma Medica Vol.39 No.4, 56-59, 2021

2020年のがん罹患数は100万例を超えると推計されています。2009年「da Vinci® S サージカルシステム」の製造販売が国内で初めて薬事...

体脂肪分布と生活習慣病

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.28 No.1, 25-32, 2021

肥満者は糖尿病・高血圧・脂質異常症や動脈硬化性心臓血管病を合併しやすいが,その程度には性差がある(男性>女性)。皮下脂肪型肥...

3 酒さと抗菌ペプチド

皮膚アレルギーフロンティア Vol.18 No.3, 17-20, 2020

欧州系酒さ罹患者のゲノムワイド関連解析では,複数の遺伝子に関連する一塩基多型が確認され,酒さ病態に遺伝的背景が示唆される.一...

5 発汗異常(多汗症,無汗症)とかゆみ

皮膚アレルギーフロンティア Vol.18 No.1, 27-31, 2020

発汗異常症によって誘発されるかゆみは,皮膚疾患の成り立ちに密接に関連している.多汗症に関連するかゆみとして,異汗性湿疹(汗疱...

マクロファージに作用する食品の有効性

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.4, 44-49, 2020

マクロファージは体内の老廃物の処理や,病原菌に対する防御機能を担っている。その一方で,過剰なマクロファージの活性化は,多くの...

治未病と食品の機能性

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.4, 22-27, 2020

現代の日本では内科系疾患の治療に西洋医学による薬物療法の採用が主体になっている。しかし,肥満やメタボリック症候群から進展する...

フレイルに高タンパク食は必要か?

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.2, 63-76, 2020

【不要】長野県佐久市のコホート研究において「毎日肉を食べている人において,eGFR低下率が高い」という結果は大変興味深い。赤...