記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全51件中)

機能不全HDLに対する治療戦略

血管医学 Vol.16 No.1, 53-60, 2015

「Summary」高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)は動脈硬化性疾患の負の危険因子である.しかし,HDL-C値の上昇を目的に開発され...

インクレチン関連薬の抗酸化作用を介した臓器保護効果

血管医学 Vol.15 No.4, 15-21, 2014

「Summary」臨床現場で,糖尿病治療薬として現在多く使用されているインクレチン関連薬であるが,血糖改善効果を超え,多面的な作用...

4 メラトニンとエネルギー代謝および糖尿病

Melatonin, Energy, Metabolism, and Diabetes

アンチ・エイジング医学 Vol.10 No.5, 43-47, 2014

「はじめに」松果体などから夜間に多量に分泌されるメラトニンは,サーカディアンリズム,抗酸化作用や生体抗酸化酵素の活性促進効果...

DPP-4阻害薬と心血管イベント

CARDIAC PRACTICE Vol.25 No.2, 74-77, 2014

「はじめに」 糖尿病は重要な冠動脈疾患危険因子の1つである. しかし, Action to control cardiovascular risk in diabetes (ACCORD)...

一般演題6 バゼドキシフェンの骨質改善作用の解明(抗酸化作用およびコラーゲン架橋の観点から)

第1回臨床骨ネットワーク研究会学術講演会

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.4 No.2, 55, 2014

(座長)国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王メディカルセンター・女性医療センター長 太田博明先生今回われわれ...

第6回 イオウ化合物

アンチ・エイジング医学 Vol.9 No.6, 77-83, 2013

「解毒作用とフードファクター」がんをはじめとする生活習慣病の予防には, 「抗酸化作用」とともに, 「毒性物質を無毒化する」作用や...

女性のエージングと脂質代謝

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.20 No.4, 35-40, 2013

「Summary」エージングは人間にとって避けられない現象である. 女性の場合, エージングの過程で閉経, つまりエストロゲンの欠乏とい...

カルシウム拮抗薬

The Lipid Vol.24 No.2, 43-50, 2013

[Summary] カルシウム拮抗薬の降圧効果は最も確実で, 臓器血流が維持され, 重篤な副作用や禁忌が少ないことから高血圧治療の第一選択...

ホエイプロテイン/ホエイペプチド

whey protein/whey peptide

栄養-評価と治療 Vol.30 No.2, 39-41, 2013

「POINT」ホエイペプチドのもつたんぱく質合成促進作用, 抗酸化作用や抗炎症作用などが注目されている. スポーツ分野ではアスリート...