記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全42件中)

ω3多価不飽和脂肪酸

The Lipid Vol.24 No.2, 32-37, 2013

[Summary] 多くの疫学, 臨床研究によって, ω3多価不飽和脂肪酸が心血管疾患のリスクを減少することが明らかになっている. 近年, 動脈...

リンパ浮腫の治療と予後:概論

Angiology Frontier Vol.12 No.2, 27-33, 2013

「Summary」リンパ浮腫は, いったん発症すると完治は難しい. しかし, 発症早期から保存的治療を行い, 症状を安定させることは可能で...

糖尿病とエピジェネティクス

Diabetes Frontier Vol.24 No.4, 447-452, 2013

「はじめに」代謝関連疾患の多くは多因子疾患であり, 遺伝素因と栄養環境などの環境因子が複雑に相互作用することにより発症する. そ...

肥満症の危険因子発生における脂肪組織の役割

Pharma Medica Vol.30 No.1, 19-22, 2012

Ⅰ.肥満症の危険因子発生の上流-内臓脂肪型肥満  過栄養や運動不足などの生活習慣の欧米化とともに動脈硬化性疾患の罹患率...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.7 No.4, 21, 2011

 「脂肪」という言葉は曖昧な意味でしばしば用いられる。エネルギーの貯蔵器官である脂肪組織を指す場合がある。脂肪組織は白色脂肪...

Ⅱ.基礎的メカニズムの解明 NASHと慢性炎症

The Lipid Vol.21 No.3, 59-63, 2010

[Summary]肥満の進展過程において, 肝臓では脂質蓄積・インスリン抵抗性に加え, 組織常在性マクロファージであるクッパー細胞の活...

アディポカインと腎障害

The Lipid Vol.21 No.2, 31-36, 2010

[Summary]脂肪組織は, 多くの生理活性物質〔アディポ(サイト)カイン〕を産生・分泌する生体内で最大の内分泌臓器である. 肥満の脂肪...