記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 28件目 (全28件中)

第24回日本静脈経腸栄養学会学術集会

栄養-評価と治療 Vol.26 No.3, 76-77, 2009

日本静脈経腸栄養学会の第24回学術集会を2009年1月29~30日に鹿児島市におきまして鹿児島市民文化ホール, 鹿児島サンロイヤルホテル...

簡便で定量的な新しい癒着形成マウスモデル

Surgery Frontier Vol.15 No.4, 102-107, 2008

「はじめに」腹腔内の術後癒着は, イレウスや慢性的な腹痛, 女性では不妊症の原因となる. 恩田らが2000年に発表した統計によると, 近...

大腸切除術の侵襲評価と周術期管理

Surgery Frontier Vol.15 No.1, 40-45, 2008

「Summary」腹腔鏡下手術は開腹手術と比較して低侵襲で整容性に優れているとされ, 手術器機・器具の開発や手技の向上ともに胆嚢に続...

鏡視下手術―低侵襲性の臨床的エビデンス―

Surgery Frontier Vol.15 No.1, 7-11, 2008

「Summary」1980年代後半に低侵襲治療として開発された鏡視下手術は, 社会のニーズを反映して, この20年間で急速に普及してきた. 199...

PEG管理の地域連携パス

栄養-評価と治療 Vol.25 No.5, 25-30, 2008

「SUMMARY」 医療現場でのクリニカルパスの導入と経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の普及が進んでいる. 鹿児島県では, 「鹿児島PEG研究会...

地域連携パスの意義と現状

栄養-評価と治療 Vol.25 No.5, 18-20, 2008

「SUMMARY」 2006年の診療報酬改定で, 大腿骨頸部骨折についての地域連携パスという項目が初めて取り上げられた. その後, 各地域でさ...

Subjective global assessment(SGA)とアウトカム

栄養-評価と治療 Vol.25 No.3, 23-26, 2008

SUMMARY 主観的包括的評価(subjective global assessment;SGA)は簡便な栄養アセスメント法であり, わが国においても汎用されつつある...

手稲渓仁会病院消化器病センター

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.1, 38-44, 2006

「はじめに」手稲渓仁会病院は1997年(平成9年)4月に病院体制を一新し, 消化器病センター, 心臓血管センター, 小児センター, 泌尿器腎...