記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全333件中)

最新の診断法 ①MIBG心筋シンチグラフィー

Pharma Medica Vol.37 No.4, 19-22, 2019

¹²³I-meta-iodobenzylguanidine(MIBG)心筋シンチグラフィーの臨床応用は,1994年のHakusuiらによる報告に始まる1)。彼ら...

パーキンソン病の成因研究

Pharma Medica Vol.37 No.4, 9-13, 2019

パーキンソン病(Parkinson's disease;PD)は65歳以上人口の1%が罹患する頻度の高い神経変性疾患である。PDを特徴付ける運動症状は...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.37 No.4, 7, 2019

本特集は,「パーキンソン病診療最前線」のタイトルでおわかりのように成因研究から始まりチーム医療の在り方まで診療に不可欠と思わ...

【臨床部門】iPS細胞を用いたパーキンソン病治療

再生医療 Vol.17 No.4, 83-89, 2018

ヒトiPS細胞が報告されてから10年が過ぎ,2014年の加齢黄斑変性に続き,2018年は重症虚血性心筋症,パーキンソン病,再生不良性貧血...

「死の谷」を超える

再生医療 Vol.17 No.4, 1, 2018

治療法の開発において基礎研究の成果を社会に還元するにはいわゆる「死の谷」を超える必要がある。動物実験で成果が得られたとしても...

パーキンソン病患者・家族の自立支援

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 46-50, 2018

Q1:パーキンソン病の患者・家族の自立支援を行うためには,どのような医療モデルが望ましいでしょうか?Q2:患者・家族はどのウ...

本町クリニック・服部神経内科

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 40-45, 2018

「最近は自分より年齢の若い患者さんが増えてきました」という服部達哉先生・優子先生は,夫婦で診療を続けて19年になる。本町クリニ...

パーキンソン病と前頭葉機能障害

Frontiers in Parkinson Disease Vol.11 No.2, 34-38, 2018

パーキンソン病(PD)は古典的な運動症状のほかに,さまざまな非運動症状を伴うことが知られている。ドパミン作動薬による治療に関連...