記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全1540件中)

第3回 IoMTの現状を振り返って

Journal of Internet of Medical Things Vol.3 No.1, 68-69, 2020

昨今の通信技術の革新的な進歩に伴い,医療機器やシステムの利便性が向上している.まもなく訪れる5G通信のおかげで,診断・治療が迅...

高齢者(76歳以上)大腸癌の治療戦略の選択

大腸がんperspective Vol.4 No.4, 16-22, 2020

高齢化の進行に伴い,特に患者数の多い大腸癌では,高齢者に対する治療選択のための基準,評価法,意思決定プロセスの確立は,喫緊の...

【臨床】エミシズマブ使用について

―ガイドライン補遺版の概説―

Frontiers in Haemophilia Vol.7 No.2, 22-25, 2020

2018年にエミシズマブが登場したことで,血友病Aの治療は転換期を迎えている.しかし,エミシズマブは凝固因子製剤と作用機序の異な...

年齢という数字はどこまで意味をもつか?

Cardio-Coagulation Vol.7 No.2, 15-20, 2020

日本をはじめとする先進諸国では人口ピラミッドが大きく変化し,超高齢者が増加するとともに医療においては患者群として大きな一群を...

これがアナフィラキシーの皮膚症状だ!

皮膚アレルギーフロンティア Vol.18 No.2, 57, 2020

皮膚症状は蕁麻疹,血管浮腫,全身の浮腫を伴った潮紅である.日本アレルギー学会が作成した2014年発行の『アナフィラキシーガイドラ...

テーマ「アトピー性皮膚炎と食物アレルギー」

皮膚アレルギーフロンティア Vol.18 No.2, 38-46, 2020

朝比奈(司会) 本日は「アトピー性皮膚炎と食物アレルギー」をテーマに,皮膚科から『アトピー性皮膚炎診療ガイドライン201...

主要AIDS治療拠点病院でのHIV感染症治療の実際

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.11 No.1, 78-85, 2020

HIV感染症は,抗HIV薬の内服によりAIDSや関連疾患を抑えてコントロールできる時代となった。抗HIV薬は日進月歩であり,毎年のように...

HIV感染症の診断ガイドライン

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.11 No.1, 24-26, 2020

診断ガイドラインは,最適と考えられる推奨法を提示し,どこでも同じように検査の選択や正確な診断ができるようにするものである。HI...

DHHSガイドライン改訂のポイント(2019.12.18改訂)

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.11 No.1, 17-23, 2020

DHHSガイドライン1)では,これまでと同様に主な改訂点が初めの頁“What’s New in the Guidelines?”に示されている。各章...