記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 28件目 (全28件中)

(2)動注化学療法と分子標的薬の役割

The Liver Cancer Journal Vol.2 No.4, 32-38, 2010

「Summary」2009年5月20日に肝細胞癌に対する全身化学療法として初めてのエビデンスをもったソラフェニブが保険認可された. ソラフェ...

ゲノム・プロテオーム研究の成果

Pharma Medica Vol.26 No.1, 17-20, 2008

「はじめに」膵癌は難治性の高い悪性腫瘍の1つである. これは膵癌細胞の生物学的悪性度が高く, 早期に周囲臓器に浸潤し, またリンパ...

特集によせて この不思議な免疫応答の役者たち

Surgery Frontier Vol.13 No.2, 5-8, 2006

肝臓は種々の代謝のみならず, 免疫機能を司る重要な臓器である. その免疫応答の特異性については従来から指摘されていた. 例えば, (1...

第36回 みちのく秋田の肝臓病事情

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.3, 72-79, 2006

「はじめに」みちのく秋田と聞いて皆さんはどんな印象をもたれるだろうか? 私が想像するには, どちらかというと夏の明るいイメージよ...

第7回 薬物障害

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.3, 52-55, 2006

臓器移植を受けた患者は, 免疫抑制薬をはじめとして多くの薬物服用を余儀なくされるため, 術後に肝機能障害を認めた際には, 拒絶反応...

C型肝炎ウイルス感染における免疫応答

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.3, 12-24, 2006

「はじめに」1989年に, 米国Chiron社によってはじめてC型肝炎ウイルス(hepatitis C virus:HCV)がクローニングされる以前1), 非A非B...