記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

21 - 30件目 (全18741件中)

モストグラフを喘息診療でどう使うか

Pharma Medica Vol.37 No.3, 37-40, 2019

モストグラフはわが国で使用可能な広域周波強制オシレーション法の測定機器である1)。約20秒間の安静換気下に呼吸抵抗(re...

呼気一酸化窒素濃度測定の実臨床での位置づけ

―日本呼吸器学会ハンドブックのポイント―

Pharma Medica Vol.37 No.3, 33-36, 2019

呼気一酸化窒素(nitric oxide;NO)濃度測定は,簡便かつ非侵襲的に結果が得られる好酸球性気道炎症の評価法である。主に喘息の補助診...

ライフスタイルが喘息病態に及ぼす影響

―喫煙,肥満―

Pharma Medica Vol.37 No.3, 29-32, 2019

喫煙と肥満は,気管支喘息の病態に影響を及ぼす重要な要因の1つとして,多くの報告がなされている。喫煙と肥満が気管支喘息に及ぼす...

喘息病態研究におけるトピックス

Pharma Medica Vol.37 No.3, 23-27, 2019

近年,気道上皮細胞が物理的・化学的バリアとして生体防御に機能するだけでなく,外界からのさまざまな刺激に反応して種々のサイトカ...

喘息予防・管理ガイドライン2018

―改訂のポイントを中心に―

Pharma Medica Vol.37 No.3, 13-21, 2019

「喘息予防・管理ガイドライン」(Japan asthma prevention and management GuideLine;JGL)は,1998年に初めて日本アレルギー学会よ...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.37 No.3, 7, 2019

喘息診療は,吸入ステロイド薬の普及,ガイドラインの整備に伴い,この20年で長足の進歩を遂げました。ここ10年は,吸入ステロイド用...

婦人科悪性腫瘍の食事

Pharma Medica Vol.37 No.2, 78-81, 2019

婦人科悪性腫瘍には主なものに、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんがあります。女性のがんの罹患率で現在は1位に乳がん、5位に子宮...

子宮肉腫に関する最近の話題

Pharma Medica Vol.37 No.2, 63-67, 2019

子宮肉腫はまれで,予後不良な疾患である。子宮肉腫の診断は,2014年のWHO分類で表11)のように分類されたが,病理学的に...

子宮体がんにおける低侵襲手術の現況

Pharma Medica Vol.37 No.2, 57-61, 2019

子宮体がんの初回治療は手術療法であり,手術で摘出困難なⅣ期症例を除いては原則手術療法が施行される。手術術式は,子宮摘出術式と...