記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

281 - 290件目 (全327件中)

新型インフルエンザH1N1の症状と治療

インフルエンザ Vol.11 No.3, 51-56, 2010

2009年秋に大流行した新型H1N1の症状と抗インフルエンザ薬(抗イ薬)の治療効果などを2007/2008年および2008/2009年のH1N1と比較した. ...

T-705(favipiravir)の基礎的検討

インフルエンザ Vol.11 No.2, 21-27, 2010

T-705は富山化学工業が開発を進めている新規抗インフルエンザウイルス薬で, インフルエンザウイルスのRNAポリメラーゼを選択的に阻害...

オセルタミビル耐性H1N1ウイルスの治療

インフルエンザ Vol.11 No.1, 57-62, 2010

2008/2009年シーズンのH1N1はほとんどがH274Y変異によるオセルタミビル耐性であり, 2007/2008年のH1N1よりも同薬のIC50が約200倍に増...

CS-8958はなぜ1回投与でよいのか

インフルエンザ Vol.11 No.1, 23-28, 2010

新規ノイラミニダーゼ阻害薬であるCS-8958は, 活性体R-125489(laninamivir)に直鎖アルキルエステルを付加したプロドラッグであり, イ...

Question EMTについて,最近の研究を教えてください

Surgery Frontier Vol.16 No.4, 101-105, 2009

「Answer」「はじめに」epithelial mesenchymal transition (EMT)は胚形成, 創傷治癒過程など正常組織で重要な働きをしているが, 近...

肺癌の癌幹細胞

Surgery Frontier Vol.16 No.1, 52-59, 2009

「Summary」さまざまな固形腫瘍(脳腫瘍, 乳癌, 大腸癌, 膵臓癌など)で癌幹細胞が同定されている. 現在, まだ肺癌の癌幹細胞は完全に...

癌幹細胞マーカー

Surgery Frontier Vol.16 No.1, 15-20, 2009

「Summary」最近, さまざまな腫瘍内に組織幹細胞の性質を有する少数の癌細胞(癌幹細胞, 幹細胞様癌細胞)の存在が明らかにされはじめ...

ステント治療と血圧管理

脳と循環 Vol.14 No.1, 51-56, 2009

「SUMMARY」CASにおける周術期の血圧管理は重要である. 術前検査として超音波, CT, MRI, 脳血管造影など種々の画像検査にて狭窄度を,...