記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

20181 - 20190件目 (全20328件中)

C型肝炎ウイルス感染における免疫応答

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.3, 12-24, 2006

「はじめに」1989年に, 米国Chiron社によってはじめてC型肝炎ウイルス(hepatitis C virus:HCV)がクローニングされる以前1), 非A非B...

第35回 肝臓病のすべての患者にできるかぎりのことを

―最良のチーム医療体制の確立を目指して―

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.2, 64-75, 2006

「はじめに -ウイルス肝炎との闘い-」私はC型, B型のウイルス肝炎をはじめとする肝臓病の撲滅, すなわち, わが国に多い約200万人のB...

第6回 肝炎再発

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.2, 44-47, 2006

「はじめに」近年, ウイルス肝炎肝硬変(特にC型肝炎ウイルスによる)に対する肝移植がさかんに行われるようになり, 不幸にして肝炎ウ...

最終回 H.pylori除菌により胃癌発生は抑制できるのか

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.2, 37-42, 2006

「はじめに」胃癌はH. pylori感染にともなう慢性炎症を背景として発生する疾患群の1つである. 世界保健機構(WHO)の下部組織である国...

消化管間質腫瘍(GIST)の診断と内科的治療

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.2, 12-20, 2006

「はじめに」消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor:GIST)の診断と内科的治療の最近の進歩は著しい. それはGISTの疾患概念...

第5回 慢性拒絶反応

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.1, 51-55, 2006

移植肝慢性拒絶反応による機能不全は3~4%に生じる. 多くは移植後3ヵ月頃に診断され, その後, 治療に抵抗して移植肝機能が徐々に低下...

第9回 腹腔鏡下手術の進歩

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.1, 45-50, 2006

「はじめに」2004年4月改訂第2版胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会編)1では, 臨床研究としてのT1(SM)N0に対する腹腔鏡下局所切除, ...

手稲渓仁会病院消化器病センター

Frontiers in Gastroenterology Vol.11 No.1, 38-44, 2006

「はじめに」手稲渓仁会病院は1997年(平成9年)4月に病院体制を一新し, 消化器病センター, 心臓血管センター, 小児センター, 泌尿器腎...